芦田愛菜の主演ドラマ2014年1月『明日〜』脚本、両親はこんな人らしい


【芦田愛菜 主演 ドラマ 2014年 1月 脚本 両親】

2014年冬のドラマ『明日、ママがいない』に主演する芦田愛菜ちゃん。今作のキャッチコピーは『今、君の隣にママはいますか?』です。このドラマの舞台は児童養護施設。訳あって施設に入所している芦田愛菜ちゃんはリーダー的な存在。同じような境遇にある子供たちを中心に物語が展開していきます。

『明日、ママがいない』あらすじ・キャスト一覧

このドラマの注目すべき点はやはり鈴木梨央ちゃんとの共演。
彼女は芦田愛菜ちゃんに憧れるだけありかなりの演技派。既に数多くの実績も積んでおりNHK大河『八重の桜』で主人公の幼少期という大役もこなしています。

そして、もうひとつ注目すべき点はこのドラマは水曜ドラマ枠であること。そうですね、2人とも水曜ドラマ枠は2度目なんです。芦田愛菜ちゃんの出世作『Mother』、2013年夏に放送された『Woman』には鈴木梨央ちゃんが出演しています。

教師役の松雪泰子さんが母親から虐待を受けていた生徒役の芦田愛菜ちゃんを連れて逃避行生活をはじめるという内容の『Mother』。

不慮の事故で父親を亡くしたシングルマザー役の満島ひかるさんが苦難を乗り越えながら娘役の鈴木梨央ちゃんと共に強く生きていくという内容の『Woman』。

2作品は同じスタッフにより手掛けられており共に母親がテーマ。両作品ともなかなかできたドラマで視聴者の涙を誘った名作ではないかと思います。

『水曜ドラマ枠』『芦田愛菜、鈴木梨央出演』『母親がテーマ』という共通点、そして今作は『21世紀で一番泣けるドラマ』を謳っている事からかなり期待できるドラマになるのではないかと推測できます。

『Mother』『Woman』は同じスタッフ、同じ脚本家(坂元裕二さん)により手掛けられているのですが、『明日、ママがいない』についてはスタッフ情報がいまだ公開されていません。このあたりも今後注目したい点ですね。

スポンサーリンク

両親はこんな人らしいよ

2013年前半、しばらく芦田愛菜ちゃんを見ないなぁ〜と思っていたら、いきなりハリウッドデビュー(パシフィック・リム)を果たしかなり驚かせてくれました。

知らない間に英語も覚えて、どこまで上り詰めるのだろうと、この子の行く末が恐ろしく感じましたよ。9歳にして既に大女優の貫禄もあり、目指すは世界に通用するアクトレスですからほんと大人顔負けです。

気になるのがこんな子供を育てた両親がどんな人なのかという事。どういう教育方針なのか、どのように接したらこんなに立派な子供に成長するのか、世の子供を持つ親にとってはとーっても知りたい部分です。

恐らくメディアにはあまり出演されていないとは思うのですが、どこぞの誰かがYahoo知恵袋で回答していた内容をご紹介します。

愛菜ちゃんは兵庫の西宮生まれで育ちもそこです。3歳の時に母親に勧めで大阪のジョビィキッズに入所しました。子役の仕事やオーディションは基本的に東京が多いので新幹線で東京に通う生活をしていたそうです。
5歳の時に出演した「Mother」で知名度が上がると仕事量が増えて通うのも限界がきて、家族で東京に引っ越しをしました。そのため、6歳ごろまでは兵庫で暮らしていました。

子役事務所のレッスンは入学金が30万円くらい宣材写真の撮影やらいろいろかかって1年で120万円近くになります。
愛菜ちゃんはすでに4年も所属しているのでそれなりの額です。貧しい家はまず無理なので家は貧しくはないですね。むしろお金持ちの方だと思います。父親は銀行員という話もあります。

今年の露出は去年とそれほど変わらないと思います。公開予定の映画2本に早くも新たにCMも決まりましたしね。
しんどい顔はたまにしていてかわいそうにも思います。新しいCMもたかの友梨のエステのCMで「史上最年少」と報じられましたが、やりすぎ感は感じました。マルモ以降1日20件ずつオファーがきていてそれがまだ残っているのでしょうね。

仕事量は自然に減っていってその後に本人が続けていくのか1度辞めるのか決めると思います。
大橋のぞみちゃんもそうですが、井上真央も大学進学のために高校生の時に1度休んでいますし、逆に神木隆之介や志田未来のように堀越高校に通いながら仕事を続けている人もいますね。

愛菜ちゃんの親は大橋のぞみちゃんの親に親として今後、どのようにしていけばいいのか相談していると報じているところもありましたよ。のぞみちゃんの母親は志田未来の母親からのアドバイスでいつでも芸能界を辞めれるように塾など習い事をやらせていたようです。業界ではしっかりした母親で有名だったらしいですよ。
美山加恋、森迫永依、神木隆之介、志田未来など最近の子役の母親は自分でマネジメントをしようとせずある程度の歳になったら大手事務所に移籍させるケースが増えているらしいです。

出典元:Yahoo知恵袋

かなり詳しい情報ですよね。この内容からかなり裕福な家庭であり子育てに熱心であることがわかりますよね。これも確証はないですが、父親は某メガバンクの重役だという噂もあります。

しかし、子役として育てるのもかなりお金が必要なんですね。気軽にっていう金額ではないですよ。それでも近頃の子役の活躍で我が子をスターに育てたいという親が増えているそうです。

子供にとって何が幸せなのかわかりませんが、小さい頃から大人の社会を見るのもかなり勉強になるとは思いますがね。

まぁ〜ほんとに芦田愛菜ちゃんはすごいなぁ〜。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク