渡辺直美の過去に注目される理由、NYで拍手喝采その仕事は?ドラマ慰謝料弁護士役どころは?


渡辺直美が過去に注目される訳、NY拍手喝采の理由は?
出典元:吉本興業オフィシャルサイト

【渡辺直美 過去 理由 NY 仕事 ドラマ 慰謝料弁護士 役】

渡辺直美さんの過去の仕事や体重がネットで話題になっています。先日放送された『笑っていいとも』のコーナー(じっくり話し太郎)でのこと。タモリさんとツーショットでトークをするという企画。

タモリ、次のお昼の顔は中居君が濃厚!番組名『ハッピーピープル』で2時間!

ご存知の通り、渡辺直美さんが駆け出しの頃、いいとも少女隊としてこの番組に出演。活動期間は2年足らずでしたが、その後ブレイクしレギュラーとしてこの番組に返り咲いた経緯があります。

渡辺直美さんにとってこの番組にはかなりの思い入れがあるらしく、その番組の顔であるタモリさんと対等にトークできるという事が本人にとってはとてもうれしかったようです。

その喜びは自身のブログ(渡辺直美の潮水)でも綴られており、タモリさんとツーショット写真を撮った事も明かしています。トーク内容は過去に担当していたいいとも少女隊でのエピソード。一緒に出演していた鈴木凛さんと自分とではスタッフの扱いに違いがあった事を暴露。美人って得だなと当時の感想を明かし笑いを誘っていました。

あと、パネルには当時の写真が。スレンダーとは言えませんが現在の渡辺直美さんと比較するとほっそりと見えます。当時70kg、現在100kg弱という事ですのでその差約30kg!子供一人分痩せている過去の写真を見て会場は騒然としていました。

仕事においても体重においても過去よりも進化?している渡辺直美さん。あっさりサバサバしたおもしろく嫌味の全くない人ですので女性からの人気は絶大です。芸能界で生きていくにはまず女性からの支持が必須、今後も益々活躍されることでしょうね。

スポンサーリンク

ニューヨークでビヨンセのものまねを披露!拍手喝采の嵐!

テレビ番組の企画(雨上がりの『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』)で渡辺直美さんがニューヨークへ渡りました。その企画とはこれまで渡辺直美さんの夢であったビヨンセのものまねを本場ニューヨークで披露したいというもの。これを実現するためにニューヨークへ向かった訳です。

まず、現地のものまね事務所社長に相談。ショーを開催している人気のクラブを紹介してもらいます。しかし、その舞台に立っている人達は最低10年のキャリアを持っている本物ばかりが集まるところ。渡辺直美さんはそんな立派な舞台だと知り、渡辺直美さんらしからぬ相当緊張されていました。

そして、ビヨンセのものまねを披露。スタート当初は観客が呆気にとられたような雰囲気でしたが、次第に会場がざわめきはじめ、最後にはスタンディングオベーションで最高の盛り上がりを見せました。

世界共通の芸だという事が証明された瞬間でした。

ドラマ『慰謝料弁護士』ではフリーの調査員役に

ココリコ田中直樹さんが主演を努める『慰謝料弁護士』にレギュラー出演する事になった渡辺直美さん。渡辺直美さんの役どころは、慰謝料を勝ち取る事に優れた弁護士を田中直樹さんが演じますが、その弁護士事務所に出入りするフリーの調査員・梅本くるみを演じます。

慰謝料弁護士のあらすじ・キャスト一覧

調査員とは弁護士の指示を受けて、証拠を探したり調べ物をしたりと、簡単に言えば弁護士の補佐役みたいなものですね。結構、難しそうな役のように感じますが、渡辺直美さんは松本人志監督作品『R100』にも出演しておりすでに銀幕女優。コントを経験しているお笑い芸人さんは比較的演技も上手な方が多いですが、渡辺直美さんもその部類でしょうね。

放送は2014年1月9日(木)23:59スタートです。
慰謝料弁護士 〜あなたの涙、お金に変えましょう〜

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク