月亭方正が落語家になった訳、話題の待ち受け画面設定で得られる効果は?ビンタ


月亭方正が落語家になった訳
出典元:吉本興業オフィシャルサイト

【月亭方正 落語家 訳 待ち受け ビンタ 動画】

年末の恒例行事となったガキ使の『笑ってはいけない』シリーズ。今回で8回目を数える2013年のテーマは『地球防衛軍24時』。毎年お約束シーンとなった蝶野さんの月亭方正さんへのビンタは必見ですよ。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時
放送日時:2013年12月31日(火)18時30分~24時30分

スポンサーリンク

月亭方正が落語家になった本当の訳

月亭方正さんが山崎邦正から改名したのは丁度1年前の2013年1月。来年46歳になる月亭方正さんは少なく見ても20年以上のキャリアを積んでいます。

ダウンタウンファミリーとして東京で確固たる地位を気付いている月亭方正さんがなぜ今になって落語家への転身に踏み切ったのかご存知でしょうか。その理由について自身で語っていた事、関係者などの話を取りまとめてご紹介したいと思います。

月亭方正さんと言えば『すべり芸』や『キレ芸』ではないでしょうか。周囲にいじられて良さが際立つ芸風ですよね。どうもこの芸風に限界のようなものを感じていたようですね。

浮き沈みの激しい芸能界。いつまでもこの芸風だけで厳しいこの世界を生き残れないという危機感を常に持っていた月亭方正さんは何か芸事としてしっかりとしたものを身に付けたい、何か自分の強みを持ちたいという気持ち持っていたみたいです。

あまりイメージにないと思いますが、月亭方正さんは勉強家で読書量がかなり多いんだとか。それは松本人志さんや島田紳助さんがテレビでも証言されておりお墨付きです。

勉強家である月亭方正さんは、関西の仕事で一緒になる事が多かった月亭八光さん(月亭八方の息子)の影響もあり、月亭八方さんへの弟子入りを志願。落語家を志す事になりました。

月亭方正さんの落語家への気持ちは中途半端なものではなく、これまで東京で培ったキャリアやプライドを捨て、居住地を東京から関西へ変更。かなり勇気のいる行動であったのではないでしょうか。

落語家や関西ローカルの仕事というのは、東京で活躍しているタレントのギャラと比較するとかなりレベルダウンするという事は素人考えでもわかります。

そうまでしてなぜこの道を選択したのかという疑問が湧いてきます。関西芸人が東京進出を目論む昨今、時代と逆行した考えでこれまで築いてきた地位をみすみす明け渡すような事になるのではないかと思いますよね。

しかし、月亭方正さんもバカではありません。関西への移住、落語家への転身に大きな勝算がありました。関西の芸能関係者によると、関西芸能界は超若手とベテランばかりで中堅層が空洞化しているそうなんです。

簡単に言えば、関西には空きがあるという事。月亭方正さん位の知名度とキャリアがあれば需要はかなりあるようなんです。そこにいち早く目を付け行動に移したという訳なんですね。

単価は安くなりますが生活の安定という意味では関西移住も悪くないという堅実な考えが落語家転身にはあったんですね。

改名から1年。落語の仕事以外に関西ローカル番組への出演オファーもちょくちょく有るようでまずは成功を収めた月亭方正さん。更にそれに加えて、定期的に東京の番組に出演してダウンタウンと共演。するとまた、関西での需要が大きくなるという好循環を手に入れましたという事ですよ。

月亭方正さんが落語家を目指した理由がここにあった訳です。

話題の待ち受け画面で得られる効果は?

月亭方正さんの写真を待ち受け画面に設定すると恋愛運が上昇するという事が話題になり、ネット上に落ちている月亭方正さんの画像をスマホの待ち受けに設定する女性が増えているんだとか。

事の発端はここから。

2013年後半からテレビ出演が急増した女子大学生のCHIEさん。CHIEさんは不思議な力を持っており、コント大会の順位を的中させたり、交流がない全く見ず知らずの人の部屋の間取りを言い当てたりするなどして一躍注目された人物です。

このCHIEさんが『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演。そこで月亭方正さんの画像を待ち受けする事で1ヶ月以内に彼氏ができると公言。理由は不明だと説明する彼女ですが、CHIEさん自身に宿る不思議な力によって見通せるようです。

そんな簡単に相手が見つからるなら苦労せんという声が聞こえてきそうですが、待ち受け画面設定の実際の効果は不明です。

CHIE
14歳の時に交通事故の後遺症による頭痛から意識不明となり、「脳の海馬損傷・全生活史健忘症」と診断され、記憶喪失に陥いった主張している。この日から、人のオーラが見えたり、亡くなった人の霊を見るようになったと自称している。テレビでさまざまな芸能人のオーラの鑑定や占いを行っている。 現在は、スピリチュアル鑑定のできる普通の女子大生と称してテレビに出演している。ある日、自分も出演したあるお笑いライブで、芸人30組の順位予想をしたら全部的中し、事務所はそこに目を付け、スピリチュアルタレントへの転身を命じたと主張している。ワタナベコメディスクール・ワタナベエンターテインメントに入った理由は、同じ事務所に所属するイモトアヤコに憧れたことだったという。

出典元:Wikipedia

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク