賀来賢人、朝ドラ花子とアン。タンブリング・ごくせんに出演。賀来千香子との関係?


賀来賢人、朝ドラ花子とアン。タンブリング・ごくせんに出演。賀来千香子との関係?
出典元:アミューズオフィシャルサイト

【賀来賢人 朝ドラ 花子とアン タンブリング ごくせん 賀来千香子】

NHK朝ドラ『花子とアン』、ヒロイン花子の兄役(安東吉太郎)に賀来賢人さんが演じます。

安東吉太郎「花子の兄」とは
花子の1つ年上の兄。8歳のとき、苦しい家計を支えるため、花子の代役として奉公に出る。3年の奉公を終えて帰ってきた吉太郎は、女学校へ進む花子をうらやましく思いながらも、実家の農業を手伝う。

家族思いの優しい兄だったが、花子に複雑な思いを抱くようになる。やがて家を出て軍隊に入り、花子とは対照的な人生を歩む。

役を演じる賀来賢人さんはどのような人なんでしょうか?

スポンサーリンク

賀来賢人 プロフィール・経歴

【芸名】賀来賢人(かくけんと)
【本名】賀来賢人
【出身】東京都
【生年月日】1989年7月3日(24歳)
【身長】178
【血液型】O
【同期】
【その他】アミューズ所属

デビューのキッカケ(賀来賢人のPHOTOBOOKによると)
偶然、うちの家族の写真を見た今の事務所の人から、「この子(賢人)」に連絡が欲しいと伝えてください」と名刺を預かって。で、連絡を取ったんですよ。そこからレッスンとかを受け始めた。と書いてありました。

そして、2009年映画『銀色の雨』で初主演と果たす。以後。学園ドラマを中心に幅広い役柄をこなしている。

人気作 ごくせん・タンブリングに出演

ごくせん第3シリーズ(2008年放送)
熱血高校教師、山口久美子(通称・ヤンクミ)が不良ぞろいの3年D組で活躍する学園ドラマ。

望月純平役で出演、短気でケンカっ早いヤンキー高校生に扮していました。また2009年 映画「ごくせんTHE MOVIE」にも出演してます。

タンブリング(2010年放送)
舞台となるのは、団体出場にも満たない部員数で、細々と活動を続けている高校の男子新体操部。そこに、ひょんなことから学校1のヤンキー軍団が入部することに。

このドラマは、新体操演技は一切吹き替えなしという体当たりで挑んでおられます。

また、演じていたキャスト軍にもビックリ!!です。
山本裕典、瀬戸康史、三浦翔平、大東俊介、AAAの西島隆弘、冨浦智嗣、柳下大、タモト清嵐など話題の男子が総出演でした。

賀来千香子との関係?

賀来賢人さんの家族個性は、父・母・兄。賀来賢人さん以外は、芸能活動されておりません。では、賀来千香子さんとは?と思いますよね。それは、叔母にあたるそうです。

そして、お互いを「ちーちゃん」「賢人」と呼び合っているぐらい仲がいいとか。それにしても、お二人とも美形で血はあらそえないですね。

まとめ

実生活では、ふたり兄弟の弟ですけど朝ドラ『花子とアン』では花子の兄をどんな風に演じられるか楽しみですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク