『失恋ショコラティエ』 あらすじ&主演は松本潤 キャスト一覧


【失恋ショコラティエ あらすじ 主演 松本潤 キャスト 一覧】
2014年1月スタートのフジテレビ月9ドラマは『失恋ショコラティエ』 。主演は『ラッキーセブン(平均視聴率15.6%)』以来2年ぶり3度目の出演となる嵐の松本潤さん。

水城せとなさん原作の『失恋ショコラィエ』は、累計部数100万部を超える人気コミックス。

ショコラティエ役に初挑戦となる松本潤さんは、現在テンパリングなどショコラ作りを特訓中。厨房で見せる手さばきやショコラティエ姿、そして一途に片思いをし続ける妄想系男子役の松潤に目が離せそうにありません。

ですが、期待とは裏腹に不安する内容とすれば問題はベットシーンではないでしょうか?はたして原作通りに進むのか、どのようなドラマに仕上がるのか・・・注目したいところです。

そもそもショコラティエとは、フランス語で手作りチョコレートを作る職人さんのことです。
文中にあるテンパリングは、溶かしたチョコレートを光沢よく固めるために、温度を調節し、含まれているココアバターを安定した結晶にする作業のことです。

スポンサーリンク

失恋ショコラティエ 放送開始日,原作,脚本

  • 【放送】2014年1月スタート 月曜夜9時〜9時54分放送
  • 【原作】水城せとな
  • 【脚本】安達奈緒子(『リッチマン、プアウーマン』他)

『失恋ショコラティエ』は、第36回講談社漫画賞「少女部門」、第2回ananマンガ大賞を受賞。読者さんの要望で「ドラマ化して欲しい」という声をたくさんいただいたので実現されたみたいです。映像化は初めてとのことで期待大でしょう。

石原さとみさんが、2012年の大ヒットドラマ『リッチマン、プアウーマン』でヒロインを演じたのは、記憶に新しいのでは?そのドラマの原作は『失恋ショコラティエ』の脚本を手がけているのが安達奈緒子さん。

失恋ショコラティエ あらすじ

高校時代から憧れ続けていたサエコと付き合っている爽太。バレンタインデーの前日、爽太は精魂込めて作ったチョコレートをプレゼントする。しかし、サエコは受け取ってはくれなかった。

そもそも、付き合っていると思っていたのは爽太だけだったのだ。
傷心の爽太は、なけなしの金と少々の荷物だけを持って、フランスの有名パティスリー・ボネールを訪れ、雇ってほしいと頼み込む。

5年後、ボネールの日本上陸が決まり、心躍るサエコの目に映ったのは、ボネール日本進出店を支える若きシェフとして紹介される爽太だった。
爽太はただサエコを振り向かせたい一心で修業に励んできた。

しかし、サエコは結婚が決まっていた。間もなく爽太は独立し、ショコラ専門店「ショコラヴィ」を開店させる。

出典元:wikipedia

失恋ショコラティエ キャスト(出演者)

  • 松本潤(小動爽太):主人公。
  • 石原さとみ(高橋紗絵子):爽太の高校1年先輩。一目惚れ相手。
  • 水川あさみ(井上薫子):爽太の実家のケーキ屋で働いていた従業員。
  • 水原希子(加藤えれな):「RICDOR」の宣伝モデル。
  • 溝端淳平(オリヴィエ・トレルイエ):老舗パティスリー・トレルイエのオーナーの四男。
  • 有村架純(小動まつり):爽太の妹。大学生。

出演者関連記事

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク