福家警部補の挨拶 あらすじ&主演は壇れい キャスト一覧


【福家警部補の挨拶 あらすじ 主演 檀れい キャスト 一覧】

福家警部補の挨拶』 で連続ドラマに初主演する檀れいさん。壇さんといえば苦悩を耐えしのぶ女性を多く演じ、CMでは可愛らしい奥様・清楚といったイメージが定着していますよね。

しかし、今作ではこれまでの役柄とはガラリとイメージが違う『変わり者の刑事』を演じます。このドマラで檀れいさんの新たな一面が見れる事は間違いなし!

また、壇れいさんの上司を演じるのがSMAP・稲垣吾郎さん。連続ドラマの出演は『ハングリー!』以来2年ぶりとなる稲垣吾郎さんは超堅物警部補というこれまたちょっと難あり人間を演じます。

一癖も二癖もあるこの2人の掛け合いがこのドラマのひとつの見どころではないでしょうか。

スポンサーリンク

福家警部補の挨拶 放送開始日,原作

  • 【題名】福家警部補の挨拶
  • 【放送開始】2014年1月(火) 21:00〜
  • 【主演】檀れい
  • 【原作】大倉崇裕

このドラマは大倉崇裕さんの同名短編推理小説が原作です。この小説がドラマ化されるのは初めてではなく『オッカムの剃刀』というこの小説の一編がNHKで放送された事があります。主演は永作博美さんでした。

檀れい『利休にたずねよ』の役どころは?イジメられた宝塚時代を真琴つばさが暴露!

檀れいさんの役どころのほか、この作品にはもうひとつ注目される点があります。それは倒叙ミステリーというジャンルである事です。犯人を最後に暴くこれぞ推理小説という鉄板なドラマ構成とは異なり、物語の冒頭で犯人の手口や犯行が明かし、その後刑事側から捜査の進展や真相を見破る過程を描くという手法が用いられています。

『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』が倒叙作品ですね。ちなみに原作者の大倉崇裕さんは刑事コロンボの大ファンなんですよ。

制作サイドが掲げている今作のテーマは『今までに見た事がない刑事ドラマ』とのこと。もう約20年程前になりますが『古畑任三郎』を初めて見た時の新しさと感動は今でも記憶にあります。

ひと味違う推理ドラマ、新たなジャンルと言われる程のドラマになればいいですね。

福家警部補の挨拶 あらすじ

事件解明に必要な嗅覚、洞察力を備えながら、事件現場にいるだけで不自然な独特の存在感を発揮する。真相解明のためなら堅物の上司、石松警部(稲垣吾郎)に嫌味を言われても無視! そんな主人公、福家(檀れい)を支えてくれる唯一の味方(?)として後輩の鑑識係、二岡(柄本時生)も登場します。

出典元:フジテレビオフィシャルサイト

福家警部補の挨拶 キャスト(出演者)

  • 檀れい(福家警部補):捜査一課の警部補。変わり者。すぐれた洞察力。
  • 稲垣吾郎(石松警部):福家警部補の上司。堅物。
  • 柄本時生(二岡鑑識係):福家の後輩。福家を支えてくれる味方。

出演者関連記事

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク