明日、ママがいない あらすじ&主演は芦田愛菜 キャスト一覧


【明日、ママがいない あらすじ 主演 芦田愛菜 キャスト 一覧】

子役の芦田愛菜ちゃんが『明日、ママがいない』で主演を務めることに決定しました。連続ドラマは『ビューティフルレイン』以来、1年半以来となります。

芦田愛菜ちゃんと言えば、出世作となった『Mother』(2010年)で感動させてもらいました。だから今作のドラマもすごく楽しみにしています。舞台は、ひとつの児童養護施設で子供たちが世の中に立ち向かい幸せをつかみとろうというドラマです。

芦田愛菜の両親はこんな人らしいよ

役どころは、児童養護施設に何年も暮らしていてみんなからリーダー的存在に思われれいる(ポスト)芦田愛菜とその施設に新しく入ってきた女の子(真希)鈴木梨央が繰り広げるドラマ。

鈴木梨央ちゃんと言えば、『Woman』(2013年)が記憶に新しいです。天才子役と言われている芦田愛菜ちゃんに引けを取らない子役の俳優さんだと思います。そんな2人が共演するドラマは見応えありです。

鈴木梨央ちゃんは、ドラマ『Mother』を観て芦田愛菜ちゃんみたいになりたいと芸能活動を始めたキッカケだったそうな・・・。今作の『明日、ママがいない』で初めて共演することになり夢みたいで本当にうれしいと共演に目を輝やかせていたようです。

親の愛から見離された子供たちがどのように過ごしていくか、考えさせられるドラマになるでしょうね。

スポンサーリンク

明日、ママがいない 放送開始日,脚本

  • 【題名】明日、ママがいない
  • 【放送開始】2014年1月15日(水)22:00〜
  • 【主演】芦田愛菜
  • 【脚本】

明日、ママがいない あらすじ

物語の舞台は、児童養護施設のひとつ ― グループホーム「コガモの家」。 母親が傷害事件を起こし、一時預けられるためにそこを訪れた真希(鈴木梨央)。

そこで出会ったのは、圧倒的な存在感でリーダーとして君臨するポスト(芦田愛菜)だった。 そこにはさらに、彼女を崇拝するピア美とボンビがいた。

母親に捨てられたその少女たちは、悲しんでいる様子もなくあっけらかんとしている。 奇妙なあだ名で呼び合う理由を、ポストは鋭い眼をして答える。

「親からもらったものは全部捨てるんだ、名前もね」
厳しく冷たい世の中で、強がりだけが身を守る武器。 彼女たちは探し求めていく ― 親子とは、友情とは、そして“愛”とは何かを。

出典元:日本テレビオフィシャルサイト

明日、ママがいない キャスト(出演者)

  • 芦田愛菜(ポスト):主人公。児童養護施設「コガモの家」の子どもたちのリーダー的存在。
  • 鈴木梨央(真希):ある日、「コガモの家」に入所してきた少女。
  • 三浦翔平(ロッカー):施設の職員。
  • 木村文乃(水沢叶):児童相談所の職員。
  • 城田優(東條祐樹):
  • 鈴木砂羽:

愛すること・愛されることとは何かを、子どもたちの目線で問いかけるドラマ『明日、ママがいない』は今までにない作品で泣けることでしょう・・・。

出演者関連記事

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク