私の嫌いな探偵 あらすじ&主演は剛力彩芽 キャスト一覧


【私の嫌いな探偵 あらすじ 主演 剛力彩芽 キャスト 一覧】

1月スタート朝日テレビナイトドラマは、『私の嫌いな探偵』。人気作家・東川篤哉さんの鳥賊川市シリーズが初の映像化となった作品で主演されることになったのは剛力彩芽さん。今作の役は、ミステリー大好きな大学生でビルのオーナでベンツを所有。

そして謎解き名人で変わり者の探偵役に玉木宏さん。この2人が難事件を解決していくという。実力あるお2人がどんな演技を見せてくれるか楽しみですね。

また今作のほか、剛力彩芽さんは、2014年1月18日公開予定『黒執事』・2014年4月12日公開『L♥DK』の映画に出演され、玉木宏さんは2014年1月1日『NHK正月時代劇 桜ほうさら』・2014年公開予定『神様はバリにいる』・2014年夏公開予定『幕末高校生』テレビと映画に出演されますことを合わせてお知らせしておきます。

東川篤哉さんファンならご存知かと思いますが、鳥賊川市(いかがわし)シリーズとは、ミステリー小説のシリーズもの。7作目となるのが今回ドラマ化された『私の嫌いな探偵』ということです。

  • 鳥賊川市シリーズ
  • 密室の鍵貸します
  • 密室に向かって撃て!
  • 完全犯罪に猫は何匹必要か?
  • 交換殺人には向かない夜
  • ここに死体を捨てないでください!
  • はやく名探偵になりたい
  • 私の嫌いな探偵

ちなみに、この鳥賊川市シリーズ作品の特徴としてギャグが多いこと、野球や高級車に関連することが多く書かれているという。ギャグが多いということは、今作の『私の嫌いな探偵』で2人の掛け合いが楽しみですね。

また、ここでいう高級車は、剛力彩芽さん演じる(朱美)がベンツに乗っていることでしょうかね?

スポンサーリンク

私の嫌いな探偵 放送開始日,原作,脚本

  • 【題名】私の嫌いな探偵
  • 【放送開始】2014年1月17日(金)23:15〜24:15
  • 【主演】剛力あやめ
  • 【原作】東川篤哉(『謎解きはディナーのあとで』他)
  • 【脚本】福田雄一(『コドモ警察(2012年)』・『HK/変態仮面(2013)』)

東川篤哉さんの作品は、2010年出版しドラマ化にもなった『謎解きはディナーのあとで』では累計320万部を超えるベストセラーになっています。『鳥賊川市シリーズ』は、この『謎解きディナーのあとで』に負けず劣らずの人気シリーズです。

また、脚本を手掛けられた福田雄一さんは、ドラマ・映画の脚本だけでなく放送作家としても数々のバラエティ番組を担当するなど幅広い活躍をされています。

今作の『私の嫌いな探偵』では、どのようなドラマ仕立てになっているのか期待が膨らみます。

私の嫌いな探偵 あらすじ(第一話)

とある豪邸。そこには3人の紳士とふたりの淑女、そして探偵の鵜飼杜夫(玉木宏)と警部の砂川がいた。ただいま鵜飼は殺人事件の謎解きの真っ最中。

鮮やかにひとりの紳士による犯行を暴き、巧妙なトリックを言い当てた! 鵜飼に追いつめられ、観念したように紳士は自分が犯行に至った悲しい過去を明かし始める…。

しかしそこで鵜飼が放ったひと言――「あ、そういうの、いいから。僕、そういうの聞かない派なんで」。さっそうと去っていく鵜飼。子どもをお風呂に入れなくてはならないから、といそいそと手錠をかける砂川。

犯行動機も語らせてもらえず、さっさと逮捕されてしまった紳士の叫び声だけが、豪邸にむなしく響き渡っていた。鵜飼は、謎解きにしか興味がない、しかもお金にならない殺人事件の調査より浮気調査やセレブの迷い犬猫探しの依頼しか引き受けないという風変りな探偵。

そんな鵜飼の元に一枚のチラシが舞い込む。事務所、月一万円で貸します」あまりに破格の料金設定なため、信じない鵜飼だったが、モノは試しとそのビルを訪れてみる。

そこにいたのはビルオーナーというイメージからはかけ離れた若い女性・二宮朱美(剛力彩芽)。本当に一万円でよいという言葉に押され、鵜飼の探偵事務所は朱美のビルに引っ越すこととなる。

引っ越し当日、引っ越しそばを持って事務所にやってきた朱美に対し、鵜飼は何か“イヤな予感”を感じるのだった。そんなある日、烏賊川市で女性の転落死事件が起きる。

大学の先輩・茂呂耕作の自宅で酒を飲み、クダを巻きながらDVDを見ていた流平は、よもやその女性が自分の元彼女であるとは思わず…。さらにその後、風呂に入っていた茂呂が浴室内で何者かに殺害されてしまう! 部屋は内側から鍵とチェーンキーがかけられており、完全な密室。

流平はこのままでは自分が犯人になってしまう、と大慌てするが?その頃、鵜飼は転落死事件の現場にいた。なぜか朱美をともなって…。そう、朱美は無類のミステリーマニアだったのだ!

女性の遺体を見た朱美はさっそく背中の刺し傷に気付き、これが殺人事件であると推理する。「ホシとガイシャは知り合いということになるな…」
ミステリーマニアならではの言い回しと殺人現場に興奮する朱美の様子に、鵜飼はあ然とするのだった。

ひとまず事務所に戻った鵜飼と朱美。すると、今度はそこに流平がやってくる! 茂呂が浴室で殺害されていた状況を話し、なんとか助けてほしいと懇願する流平。

茂呂の部屋を訪れた鵜飼と、またしても付いてきてしまった朱美は、細かく現場検証をする。だが、流平の無実を証明できる物証はまったく見つからず…。

そして。依頼人のために、最大限仕事をする!と宣言した鵜飼の言葉もむなしく、流平は逮捕されてしまい?

出典元:テレビ朝日オフィシャルサイト

私の嫌いな探偵 キャスト(出演者)

  • 剛力あやめ(二宮朱美):主人公。大学生でありビルのオーナー。ミステリー好きで(鵜飼)の探偵の仕事に首をつっこんでくる。
  • 玉木宏(鵜飼杜夫):(朱美)が務めるビルで探偵事務所を営んでいる。謎解きマニアで人並み外れたマイペースな性格。また、(朱美)にふりまわされる。

今後、この2人が名コンビとして誕生するのも近いでしょうね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク