ごちそうさん:あらすじ(第76話)2013年12月26日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第76話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第76話あらすじ

(自宅)
大五(原田泰造:め以子の父親)はイク(財前直見:め以子の母親)になだめられるも収まらない。源太(和田正人:め以子の幼なじみ)に父親の居場所を聞く事にした。

(市場)
大五に正蔵(近藤正臣:蒸発した悠太郎の父親)の事を迫られた源太。仕方なく大五を正蔵のところへ連れていく。

(正蔵宅)
め以子の父親の突然の来訪に驚く正蔵であったが大五と意気投合。酒を飲みながら悠太郎とめ以子の事について話す。

大五は悠太郎が仕事の事で悩んでいる事を話し、悠太郎の相談にのるように促す。それが父親の仕事ではないかと大五は言った。正蔵の家に馴染みの女性が訪れた。外で背の高い男性が大五を呼んでいると。悠太郎だった。

(酒場)
大五は悠太郎と酒を飲みながら話していた。正蔵に対してわだかまりを持ち続けているのはもう自分だけだと知っているが、あげた拳をおろす理由が見つからないと大五に相談。大五もすぐに興奮するタイプ。その気持つはいたく理解できたようだ。

(自宅)
自宅では悠太郎、大五なしで夕食の鍋を食べていた。皆、2人を心配する。すると外から人目も憚らず大きな声で歌いながら帰宅した大五と悠太郎。かなり酔っぱらいお互い肩を組みながら帰ってきた。

大五は悠太郎と本当の親子になったと言い残し、そのまま2人は倒れこみ寝てしまった。め以子(杏:主人公)たちはその姿を見て仲直りしたんだと安心した。

(正蔵宅)
その頃、正蔵は亡くなった昔の仕事仲間の束ねられた髪を見ながらある決心をした。

続く:ごちそうさん第77話あらすじ(2013年12月27日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク