ごちそうさん:あらすじ(第78話)2013年12月28日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第78話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第78話あらすじ

(正蔵宅)
悠太郎(東出昌大:め以子の夫)が引き戸を開けると正蔵(近藤正臣:蒸発した悠太郎の父親)は初日の出を見る為に出掛けるところだった。め以子(杏:主人公)にもらったおせち料理を持参して。悠太郎は正蔵に伝えたかった事があった。

『もうすぐ子供が産まれてくるんや。おじいちゃんになったらどうや。俺は親になる。あんたはおじいちゃんになってくれ。あんたが作った世間への借りは俺が一生懸命丈夫な建物を建て返していく。』

正蔵は耳を疑った。悠太郎が許してくれたのだ。正蔵は慌てて引き戸を閉め、普段着に着替え、一升瓶を抱えた。悠太郎は正蔵を抱きしめた。

2人は急いで自宅へ戻る。

(自宅)
悠太郎と正蔵が帰宅。2階から赤ちゃんの鳴き声が。産まれた!無事出産。元気な女の子。元気な赤ちゃんの誕生に皆喜んだ。め以子は赤ちゃんにお乳をあげる。悠太郎はそのめ以子に年越しそばを食べさせた。そして年が明けた。

(自宅)
お正月。正蔵を含め西門家、宇野家が集まり、おせち料理を囲む。め以子はおせち料理に家族への思いを込め作った。家族ひとりひとりに思いを込め。赤ちゃんが家族に加わり、とても幸せな雰囲気。大五(原田泰造:め以子の父親)が突然『ふく』はどうだと。

赤ちゃんの名前だ。続けて正蔵がめ以子に因んでひらがなの『ふ』に永久の『久』で『ふ久』でどうだと。互いの父親が赤ちゃんの子供で盛り上がる。勝手に子供の名前を決めようとしている事に心配する照生(井之脇海:め以子の弟)。しかし悠太郎もめ以子もそして赤ちゃんも気に入ったようだ。

誰もが幸せな気持ちになっていた。
め以子のおせち料理とふ久を囲みながら。

続く:ごちそうさん第79話あらすじ(2014年1月6日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク