ごちそうさん:あらすじ(第80話)2014年1月7日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第80話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第80話あらすじ

(自宅)
ふ久(原見朋花:め以子の長女)が小学校から帰宅。め以子(杏:主人公)がアイスクリームを食べさすが全く無反応。しばらくすると同級生の母親が足に包帯を巻いた子供を連れて怒鳴りこんできた。ふ久が校舎から落とした石ころが男の子の足に当たりケガをしたのだ。め以子はふ久に問いただす。

なぜ石ころを当てたのかと。しかし、ふ久は当てたのではない、落としたのだと言う。母親は益々怒り男の子を連れて出て行った。め以子はふ久に今後同じ事をしないようにキツく説教した。

ふ久によると手から離しても落ちない石ころを探していたのだという。め以子はふ久の言う事がさっぱり理解できなかった。

ごちそうさんの子役、め以子の子供(ふ久・泰介・活男)たち。昭和編から登場する新キャスト

(自宅)
悠太郎(東出昌大:め以子の夫)が帰宅。ふ久がケガをさせた経緯をめ以子が説明。悠太郎は仕事に追われ子育てはめ以子に任せっきり。悠太郎はめ以子の相談に乗るどころか、子供の行動について全くわからないよう。

(自宅)
泰介(三澤瑠斗:め以子の長男)、活男(二宮輝生:め以子の次男)は眠りについていた。しかし、ふ久は窓から夜空に浮かぶお月様を眺めていた。なぜ、お月様は空に浮かんでいるのかを考えていた。

(男の子の家)
め以子はケガをさせた男の子の母親を訪ね、菓子折りを渡し謝罪した。幸い男の子のケガは大したことはないようで母親もあまり怒ってはいなかった。しかし、母親からふ久の事について聞かされる。男の子によるとふ久は小学校で言葉数も少なく友達もいないよう。奇行の持ち主であるという。

(自宅)
め以子はふ久に再発防止の為、男の子にケガをさせた事を注意して小学校に送り出した。ふ久は理解しているのかしていないのか、いつも通りぼーっとしながら小学校へ向かった。ふ久は登校中、男性が喫煙しているところに出くわす。上昇する煙に興味を示した。

(小学校)
ふ久はひとり小学校の片隅で布切れや紙切れを集めていた。

(自宅)
め以子が家事をしているところ、小学校の先生がやってきた。ふ久も一緒だったが別の洋服に着替えさせられていた。先生によるとふ久は小学校でボヤを出したらしい。生徒が火事に気付き水を掛けたので幸い大事にはならなかった。

違う洋服を着ているのは、その時にふ久も水を被ったからだ。先生はめ以子にふ久の停学を申し入れる。め以子は必至に食い下がるが学校でボヤが出るという前代未聞の事で停学処分は免れないという。ふ久の登校については学校側としても考える時間がほしいという意向だ。そう言い先生は帰って行った。

(自宅)
水を入れ干椎茸を戻している器をじっと見つめているふ久。水に浮かんでいる椎茸の浮力を確かめるように指で触っていた。

これまで以上に強く説教するめ以子。め以子はこれまでもふ久の行動がついて気がかりだった。いつも何を考えているのか理解できなかった。

ケガをさせた男の子の母親からふ久の小学校での様子を聞かされていた事もありめ以子の中でふ久は普通の子供ではないという感情が芽生えていた事もあったからだ。更にふ久に説教しているところに活男がおやつをねだる。それがめ以子のイライラを助長。子育ての難しさに直面していた。

続く:ごちそうさん第81話あらすじ(2014年1月8日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク