ごちそうさん:あらすじ(第83話)2014年1月10日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第83話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第83話あらすじ

(自宅)
ふ久(原見朋花:め以子の長女)はめ以子(杏:め以子)にアイスクリームを作ってほしいと頼んだ。自ら意思を伝える事などこれまでなかったふ久。しかもめ以子が作ったアイスクリームを要求している。これほどうれしい事はなかった。

(自宅)
め以子はふ久、泰介(三澤瑠斗:め以子の長男)、活男(二宮輝生:め以子の次男)らと一緒にアイスクリーム作りをはじめた。皆、め以子と一緒に台所に立つのは初めて。不安ながらも興味津々。正蔵(近藤正臣:悠太郎の父親)、静(宮崎美子:正蔵の再婚相手)を交えてアイスクリームを食べる。

納豆入りの変わり種も用意。ふ久がアイスクリームを食べる。め以子が感想を求めるといつものように無表情。なんの感想もなかった。泰介はふ久に学校でお弁当のおかずを友達と交換したり、買い食いをした事はないのかと尋ねた。ふ久はこれまでそのような事は一度もないと答える。

ふ久はこれが『おいしい』ということなのかと頷く。静はなぜふ久がこのような反応か悟ったようだ。ふ久はこれまでめ以子が作ってきたものばかりを口にしていたので『おいしい』というものがどういうものなのかわからなかったようだ。

つまり『まずい』を知らないのだ。ふ久は続けた。これが『おいしい』ならいつも『おいしい』よと。ふ久は納得しないものにはなかなか頷けない性分なのだと正蔵は理解した。

ふ久の考えが少しわかったような気がしため以子は僅かながら安心した。

ごちそうさんの子役、め以子の子供(ふ久・泰介・活男)たち。昭和編から登場する新キャスト

(大阪地下鉄工事現場)
悠太郎(東出昌大:め以子の夫)が修正した設計書を見ながら土木科と打ち合わせ。トイを張り巡らすものとは違い、天井アーチを二重にするというものだった。それにはホームの幅を少し削る必要があるという大掛かりなものだった。

土木科の責任者(長江健次)は予想もしなかった大掛かりな代替案に立腹。打ち合わせを一方的に終え立ち去ろうとした。悠太郎は何とか納得してもらうように食い下がる。しかし、土木科責任者は悠太郎を突き飛ばした。悠太郎は壁にもたれかけてあった材木の下敷きになってしまった。頭部から流血。急いで病院に運ばれた。

(病院)
悠太郎は病院で手当を受けた。幸い大事には至らなかったようだ。悠太郎が治療を終え、ふと見上げると白衣を着た亜貴(加藤あい:悠太郎の幼なじみ)の姿が。悠太郎が運ばれた病院に亜貴子が女医として働いていたのだ。

続く:ごちそうさん第84話あらすじ(2014年1月11日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク