ごちそうさん:あらすじ(第87話)2014年1月15日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第87話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第87話あらすじ

(こうひい うま介)
あれから一週間。め以子は悠太郎(東出昌大:め以子の夫)と亜貴(加藤あい:悠太郎の幼なじみ)の事を引きずっていた。うま介(中村靖日:こうひい うま介の店主)や源太(和田正人:め以子の幼なじみ)に当たり散らしていた。

(自宅)
正蔵(近藤正臣:悠太郎の父親)や静(宮崎美子:正蔵の再婚相手)も悠太郎とめ以子に何かあった事は気付いていた。しかし、め以子が何に腹を立てているのか知らない。子供たちは敏感に反応していた。お父さんとお母さんの様子がおかしいことを。

ごちそうさんの子役、め以子の子供(ふ久・泰介・活男)たち。昭和編の新キャスト

(大阪地下鉄現場)
悠太郎はここ最近憂鬱な毎日を送っていた。め以子に作ってもらった弁当も食べる気がしない。職場の仲間に弁当を食べてもらった。

仕事を終え、事務所を出ると亜貴がいた。悠太郎の傷の事が気になたていたようだ。亜貴は悠太郎の夫婦仲がおかしくなっている事について察しが付いていた。そして、亜貴はめ以子に謝っておいてほしいと言い残しその場を去った。

幼い頃、悠太郎は亜貴を守ると約束していたが、今、何もしてやれない事について悔やんだ。

(自宅)
悠太郎が帰宅。『おいしかったよ』と言葉を添えて弁当箱をめ以子に渡した。弁当箱を開けると海老の尻尾が残っていた。悠太郎はいつも海老の尻尾まで食べるはず。

悠太郎は慌てて食欲が無かったのでと言い訳する。め以子は誰かとお食事ですかと嫌味を言う。喧嘩が始まった。しかし、子供たちや、正蔵、静に見られている事に気付き喧嘩を止めた。

(自宅)
イライラしているめ以子のところに正蔵がやって来た。するといきなり土下座をついて謝った。め以子は慌てて頭を上げてもらう。正蔵は事の発端は悠太郎だと思い謝罪したのだ。

悠太郎には幼い頃から知っている大事な女性がいる事を正蔵に話す。もし、その人と一緒になれるのであれば悠太郎は自分を選ばなかったであろうと続けた。

正蔵ははじめてめ以子に会った時、悠太郎がめ以子を選んだ事について府に落ち、良い嫁を見つけた事に安堵したとその時の感想を話した。悠太郎自身に持っていないものをめ以子は持っている。そこに悠太郎は引かれたんだと。

正蔵の励ましもありめ以子のイライラも少し収まった。

(自宅)
め以子は悠太郎と仲直りする為に寝ている悠太郎に声をかけた。すると悠太郎は寝言で『亜貴、ごめんな・・・』と。め以子を何かを決心した。

(自宅)
朝食。食卓には朝から豪勢な料理が揃う。すべて悠太郎が好きな物ばかりだった。正蔵、静、子供たちも喜んで食べた。悠太郎は腹いっぱい食べて満足したよう。食器をめ以子に渡した時、め以子の表情が変わった。

予め用意していた風呂敷包みを悠太郎に渡し、この家から出て行ってほしいと悠太郎に言った。

続く:ごちそうさん第88話あらすじ(2014年1月15日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク