清水くるみ 、ドラマ『死神くん』立花ゆかり役 怪我の原因は?あまちゃん候補だった?


清水くるみ 、ドラマ『死神くん』立花ゆかり役 怪我の原因は?あまちゃん候補だった?
出典元:アミューズオフィシャルサイト

【清水くるみ  ドラマ 『死神くん』 立花ゆかり 怪我 原因 あまちゃん候補】

清水くるみさんは、あの有名になった映画『桐島、部活やめるってよ』に出演されてました。期待の注目株と言われている清水くるみさんについて調べてみました。

スポンサーリンク

清水くるみ プロフィール・経歴

【芸名】清水くるみ(しみずくるみ)
【出身】愛知県大府市
【生年月日】1994年7月16日(19歳)
【身長】162
【血液型】A
【特技】ダンス
【その他】アミューズ所属

2007年「アミューズ30周年全国オーディション」で応募者65,368人の中からグランプリを受賞。その時、映画への出演権を獲得します。当時は13歳で中学生です。

この時期、通っていた学校が金城学院中学校だといわれています。中高一貫教育でいわゆるお嬢様校です。中学校から通わせるにはそれなりに収入がないときびしいですよね。お嬢さんなのかなぁ。

また、名門校ということで芸能活動をみとめていないということで、高校は都内へと進学されたみたいです。高校を卒業して現在は大学へと進学されております。学校はあかされていないのですが、ネット上では、法政大学ではないかと言われています。

活躍の場は

  • ドラマ:2013年『狸な家族』,『土曜ワイド劇場 ホゴカン 熱血保護司・村雨晃司の事件簿』,『こうのとりのゆりかご〜「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来〜』他
  • 映画:2012年『桐島、部活やめるってよ』,『旅の贈りもの 明日へ』2013年 『遠くでずっとそばにいる』,『ジンクス!!!』他
  • CM:2008年ドコモのCM『 START! DoCoMoキャンペーン』,2012年

ドコモのCM『walk with you』。2012年度は、桑田佳祐さんの曲で爽快なダンスをみせたのは記憶にあたらしいのではないでしょうか?

実はな話
清水くるみさんにはエピソードがありまして。それは、神木隆之介さんのファンで同じ事務所ということです。神木隆之介さんに会えるかもしれないということで同じ事務所のアミューズのオーディションを受けたという。

あこがれの芸能人に会いたい一心で受けて見事合格。ほんと夢みたいな話で羨ましいですね。そして、数年後にそのあこがれの俳優 神木さんと共演することに。という実はな話でした。

ちなみにその映画とは、『桐島部活やめるってよ』。他にも共演者として、あまちゃんこと能年玲奈さん、橋本愛さん、東出昌大さん、山本美月さん、松岡茉優さん、といった、今をときめく出演者がずらりとならんでいます。見事なメンバーではありませか。

怪我の原因は?

清水くるみさんは、2013年舞台『ロミオ&ジュリエット』で出演し注目されていました。で、となっていたのが怪我とその理由の原因なんですが、ジュリエット役を演じている時に怪我をしてしまって休演を余儀なくされてしまったらしいです。

怪我の原因は、練習中のことだとされていますが、詳しいことは残念ながら発表されていません。ちなみに、ロミオ役の古川雄大さんは、女性かと思うぐらい美しい端整な顔立ちですよ。

あまちゃん候補だったの?

あまちゃんヒロイン清水くるみさんだったのではないか?とチラホラ噂されていました。候補者の1人として名前が上がっていて、脚本家の宮藤官九郎さんは清水さんを推していたみたいなのですが、事務所やプロダクションの意向で能年玲奈さんになったとかならないとか?

能年玲奈さんもあまちゃんでブレイクするまでは無名でしたよね。もしあまちゃんで清水さんがヒロインに選ばれていたら、今頃国民的アイドルでTVにひっぱりだこでしたでしょうね。まだ若くて透明感があって可愛いかこれからNHK連ドラにでることもあるかもしれないので、頑張ってほしいですね。

テレビ『死神くん』に出演

死神くん』は1話完結で、毎回多彩なゲストが出演します。第7話のゲスト出演として清水くるみさんが出演されます。

死を前にした人間を迎えに行くのが役目の新人死神は、思わず命を助けてしまうという心優しい死神。そんな死神を演じるのが大野智さん。

清水さんは、シンガーソングライター立花ゆかりを演じます。人気の下落に悩む彼女は悪魔の力を借りて、ライバルであるAMI唯月ふうか)を蹴落とし、再復活しようと目論みます。

果たして、結末はどうなるのでしょうね?内容も気になるところですが、清水さんの演技にも注目したいですね。

 

まとめとして

清水くるみさんは、今後、期待の注目株としていっきに人気急上する予感が、目がはなせませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク