伊原剛志『花子とアン』 NHK朝ドラで父親・安東吉平役。離婚・再婚・現嫁は?


伊原剛志 『花子とアン』NHK朝ドラで父親・安東吉平役。離婚・再婚・現嫁?
出典元:ケイダッシュオフィシャルサイト

【伊原剛志 花子とアン NHK 朝ドラ 父親 役 安東吉平 離婚 再婚 現嫁】

伊原剛志さんは、NHK朝ドラ花子とアン』に出演されます。ヒロイン花子のお父さん役で出演されます。そんなベテラン個性派俳優さんの伊原さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

伊原剛志 プロフィール・経歴

【芸名】伊原剛志(いはらつよし)
【本名】尹惟久、伊原剛
【出身】福岡県北九州市
【生年月日】1963年11月6日(50歳)
【身長】184
【血液型】O
【その他】ケイダッシュ所属

福岡県北九州市で生まれる。4歳の時に大阪府大阪市生野区に移り、同地で育つ。大阪府立今宮高等学校卒業。教師になることを志していたが、国籍関連の事情(元在日朝鮮人3世、1995年 帰化により日本国籍を取得)から断念された。

その後、ジャパンアクションクラブへ入団する。1996年 NHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの幼馴染役を演じ知名度がアップする。時代劇の出演も多い。また殺陣のほか、真剣を使用した居合にも通じているという。

以後、テレビ・映画・舞台へと活躍の場を広げて多方面で活躍されています。

また、2012年に第15回プンタデルエステ国際映画祭にて、主演男優賞を受賞される。日系移民を演じたブラジル映画「Coracoes Sujos」です。

最近の活躍

  • テレビ:2012年『宮部みゆき・4週連続 “極上”ミステリー 最終夜 レベル7』,『はつ恋』,『天の方舟』。
  • 映画:2012年『愛と誠』,『BRAVE HEARTS 海猿』,2014年『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』。
  • 舞台:2009年『ガス人間第1号』。

また、2001年『徹子の部屋』に出演したときに明かされた事実があります。それは 、祖父が韓国人という。当時韓国では、長男以外は必要ないという風潮があった為に次男である祖父は、日本に自発的に渡たられた。

伊原さんは2001年に放送された特別番組『日韓友好スペシャル』(日本テレビ)で祖父の故郷を訪問している。その際に、紹介された親戚の家にあった族譜には、伊原さんの名前が「尹剛志(ユン・ガンジ)」となっている。

族譜(ぞくふ)とは、中国における父系血縁集団である宗族が、系図(世系)を中心に重要な人物の事績、重要な事件、あるいは家訓などを記載した文書である。

また、その影響を受けて東アジアにおいて作られるようになった同種の親族集団の家系に関する文書である。

引用元:wikipedia

プライベートでは、2度の結婚を経験されてます。

離婚・再婚・現嫁は?

初婚の相手は女優の相築あきこさんで、二児を授かるが離婚している。
綺麗で雰囲気のある女優さんで、お似合いでしたよね。そして破局後は、しばらく独身であったが後に別の女性と再婚されています。

離婚は何が原因だったのでしょうか?噂的なものもあるかと思いますが、調べによると伊原さんは、家庭より仕事を優先するタイプでまさに家庭をかえりみず自由奔放にされてたそうです。

そこから、価値観の違いやすれ違いが生じて離婚に至ったという。相築さんは、今も独身だそうです。が、一方では、伊原さんは飲食店を経営する実業家・伊原純子さんと再婚されてます。

現在の奥さんとは、子どもが一人(息子)おられます。どんな奥さまかと言いますと、お好み焼き店『ごっつい』を展開する株式会社のアイテムの代表取締役社長をされているんです。

凄いやり手の実業家で美人ですよ。公私ともに順調な伊原剛志さんですね。やはりモテる男は違いますよね〜羨ましい!

ドラマ『花子とアン』ではヒロイン花子の父親役

伊原剛志さんは、父親役安東吉平を演じます。吉平は、新しいものが好きで、行商のかたわら社会運動に係りそして家庭をかえりみない、夢追い人という設定です。

そのためのせいか子どもたちが困り、また自由すぎるため周囲からは浮いてしまう。ですが、花子の人生には大きな影響を与えていく存在となっていくという。

なんとも複雑な感じですが、伊原剛志さんがどんな味のあるお父さんを醸しだしてくれるか注目です。

まとめとして

俳優としてのキャリアがあり、十分な手応たえのある演技が見れそうですごく楽しみです。また、ドラマの展開も視聴者からの期待が寄せられそうです。いずれにせよ、期待度大ということですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク