ごちそうさん:あらすじ(第93話)2014年1月22日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第93話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第93話あらすじ

(自宅)
め以子(杏:主人公)は正蔵(近藤正臣:悠太郎の父親)から西門家の祝言について教えてもらっていた。祝言に出される料理はその家の才覚が問われると聞かされプレッシャーがかかる。

(市場)
め以子は魚屋の銀次から祝言に出す魚を相談していた。才覚を問われるだけに何か変わった食材を選んでいる。

(自宅)
希子(高畑充希:悠太郎の妹)は倉田(綾田俊樹:和枝の株仲間)を自宅に招き、悠太郎(東出昌大:め以子の夫)とめ以子と祝言について相談していた。希子の意向は祝言は自宅で行う事、そして、嫁に出た姉妹たちにも出席してもらうこと。もちろん和枝(キムラ緑子:悠太郎の姉)にもだ。亡くなった母親や正蔵の為に家族揃ったところを見せたいのだ。

嫌な予感がした倉田。そう、和枝を口説き落とす役目は倉田に頼む事になった。倉田は和枝とは長い付き合い。和枝の性格はよく知っている。なかなか難しい依頼だったが引き受けた。

(和枝の嫁ぎ先)
希子は倉田と一緒に和枝に会いに行った。祝言への出席をお願いする。しかし、一筋縄でいかない。和枝はめ以子を出席させないという条件を提示する。困り果てる希子。倉田の提案もあり今日は引き上げる事にした。

(自宅)
悠太郎とめ以子に和枝からの条件を話す。悠太郎や静(宮崎美子:悠太郎の義母)は条件をのむ必要はないと言うが希子の意向を尊重してめ以子は出席せずに料理に専念する事にした。正蔵(近藤正臣:悠太郎の父親)は我慢ばかりさせてしまっているめ以子に頭を下げた。

希子は条件をのむ事を記した手紙を倉田に託した。

(和枝の嫁ぎ先)
和枝ははじから出席するつもりはなかったよう。しかし、条件をのむという返答に少し困る。和枝は更に条件を提示した。和枝の家の庭先には柿の木がある。もう柿の葉が落ちる季節ではあるが、なぜかその柿の木の葉は一枚も落ちていない。祝言まで柿の葉が落ちなければ出席するというのだ。

(自宅)
倉田は希子たちに和枝の新たな条件を伝えた。希子は戸惑う。すぐに新たな手紙を書き倉田に託した。倉田は何度も往復させられる事に嘆く。

そんなやり取りをしているうちに祝言当日となった。

(祝言の日)
朝から西門家に訪れる人で賑わった。め以子は市場の知り合いの台所をかり、料理の仕度をした。市場の女性も料理作りを手伝ってくれる。源太(和田正人:め以子の幼なじみ)や銀次も食材を配達してくれた。

西門家も料理を作っている台所も活気を増した。台所に届け物が。め以子が確認すると和枝からだった。中身を開けると柿の葉寿司だった。

続く:ごちそうさん第94話あらすじ(2014年1月23日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク