ごちそうさん:あらすじ(第99話)2014年1月29日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第99話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第99話あらすじ

(肉屋)
め以子は源太に戦地へ向かう前に食べたい物を聞いていた。源太はめ以子との思い出の苺をリクエスト。め以子は苺を買いに行く事にした。

(八百屋)
最近では苺は作られておらず手に入らないらしい。め以子は肩を落とす。

(こうひい うま介)
今日は店は休み。源太を送り出す為に皆集まった。暗い雰囲気を嫌う源太。常に明るく務めた。皆、源太の意向に合わせ皆明るく楽しく送り出す事にした。

め以子は源太に肉屋で入手した肉でビフテキを振る舞う。静の計らいで芸子仲間も集結。女性好きの源太は興奮。桜子と室井にとっては源太は恩人。源太の為に歌を作り、その歌を希子が披露した。皆、しんみりした様子。やはり源太と離れるのはさみしい。

(こうひい うま介)
源太は酔いつぶれて店の前で寝ていた。め以子が介抱。陰からその2人を見てしまう悠太郎。少しヤキモチを焼いている様子。

(自宅)
悠太郎が少し不機嫌。食事を済ませた後、早々と席を立ち寝床へ向かう。め以子に『僕は源太さんの代用品なんやな』と。何のことかわからないめ以子。悠太郎の発した代表品でひとつ思いついた。

(こうひい うま介)
源太が戦地へ向かう日。源太はいつものように明るい。そこにめ以子が急いでやってきた。源太に食べてと渡した包には色々な食材で苺を模倣したお菓子が。源太はうれしそうに食べた。め以子が帰ろうとした時、源太が言う『ごちそ・・』『まだッ!』とめ以子。

め以子はすべて食べ終わってから『ごちそうさん』を言いに来て、と言い残し源太と別れた。戦地から無事で帰ってきてほしいという意味が込められていた。

『おう!』源太が威勢よく答えた。

<続く:ごちそうさん第100話あらすじ(2014年1月30日)>

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク