羽生結弦に彼女が?父は教師 自宅は震災で全壊、家族が支えた秘話


羽生結弦に彼女が?父は教師 自宅は震災で全壊、家族が支えた秘話
出典元:全日本スキー連盟

【羽生結弦 彼女 父 教師  震災 家族 秘話】

羽生結弦さんは、ソチ五輪に出場が決定し今後新しい時代を作っていくと言われている男子フィギュア界の王子様。スレンダーなスタイルで世の女性達を魅了する、そんな気になる羽生選手について調べて見ました。

スポンサーリンク

羽生結弦 プロフィール

【芸名】羽生結弦(はにゅうゆづる)
【出身】宮崎県仙台市泉区
【生年月日】1994年12月7日(19歳)
【血液型】B
【身長】171
【体重】53
【その他】ANA所属

父は教師 自宅は震災で全壊、家族が支えた秘話

羽生結弦選手は、1998年お姉さんの影響により4歳でスケートを始める。フィギュアスケートと言えばお金ちがするスポーツというイメージがありますが、羽生結弦選手のお父さんは、中学校の教頭先生で、いわば羽生選手は普通の家庭環境で育ちました。

ですが、お父さんは「これもひとつの教育です」と言ってフィギュアスケートを習わせてあげてたようです。また高校在学中は、自宅から車で5分ほどのリンクへ、勤務を終えた父が車で送っていってたという。

スケート代だけでもお金がかかるのに一方で、自宅は東日本大震災で全壊されるという悲しい事態に追い込まれました。仙台の自宅はマンションで、壁のひび割れ補修工事などが大変だったように思われます。

工事費用もかなりの金額が必要だったし、羽生選手の遠征費やコーチ代と諸々のお金を考えれば苦労されたかと思います。母は、スーパーのレジ打ちに姉はコンビニでアルバイトをして、お金を少しでもフィギュアスケートの経費にしているという。

なんて素敵な家族なんでしょうか!心打たれます。そんな状況の中で、羽生選手は、全日本選手権で2連覇を果たしソチ五輪初出場を獲得したというワケです。

彼の演技の中には、様々な思いや彼にのしかかるプレッシャーなど、すべてが降り注がれているようで演技に情熱さえ感じられます。家族の献身的な支えがなければ、ここまでなかったでしょう。

今の羽生結弦選手があるのは、もちろん彼の努力・才能はもちろんですが、家族あっての羽生選手といっても過言ではないでしょうか?羽生選手としても色々なプレッシャーがあるかと思いますが、なんとか頑張ってもらいたいですね。

羽生結弦に彼女が?

羽生結弦選手に彼女がいてしかもカナダ人っていう噂が浮上して
いますが、ことの真相はどうなのでしょうか?これは、羽生選手がフィギュアの練習でカナダにいたため、彼女がいるのではないか?という憶測はないでしょうか?

つまり「デマ」で単なるうわさに過ぎないと思われます。そもそも週6日間練習でスケートに集中するために携帯電話も持たないほどストイックな選手ですよ。仲の良い友人はいても彼女を作っている暇なんてなかったと思います。

まとめ

2013年7月1日から2014年6月30日までの1年間、ANAがスポンサーとして
羽生結弦選手をバックアップするということになり、よかったですよね。
今後、羽生選手が海外渡航する際の輸送協力、その他活動を全面的にバックアップするという。

また個人で活動する大会において、『ANA所属』選手として各大会に出場する予定だそうですよ。頑張って下さい。応援してます!!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク