ごちそうさん:あらすじ(第109話)2014年2月10日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第109話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第109あらすじ

(自宅)
源太はあれから順調に回復していった。甲子園の予選も引き続き執り行われる事になり泰介は夢に向かって再スタートをきった。

(大阪市役所)
悠太郎は竹元勇三のところを訪れ設計変更する事を伝えた。変更後の設計は竹元が想像する優雅さは全くなく強度優先にするものだった。戦争が悪化すれば地下鉄は防空壕になる恐れがあり、竹筋は採用せず鉄筋で強度を優先するという悠太郎の判断だった。

竹元は声を荒らげたが、自らも鉄筋の調達に走り回っていたので状況はわかっているはず。この地下鉄事業から手を引く事にした。未熟な頃から世話になりここまで育ててもらった竹元の意向に添えないのは悠太郎にとっても辛いこと。苦渋の決断だった。

『これまでお世話になりました』と悠太郎は一礼し部屋をあとにした。

(自宅)
来客があった。かつての上司であった藤井と大村が泥酔した悠太郎を抱えて連れて帰ってきてくれたのだ。悠太郎はかなり酔っており1人では立てないぐらいだった。大村は竹元との経緯をめ以子に伝えた。

(自宅)
翌朝、二日酔いの悠太郎は身支度をする。源太は体調がましになったとは言え、まだ完治していない状況であったが、このまま西門家で世話になり続けるという事に遠慮があったのだろう、自宅へ戻る仕度をしていた。2人は這いつくばりながら玄関に立つ。やっとの思いで外へ出たが門の前で力尽きた。

(自宅)
2人布団を並べて静養する。

(竹元)
め以子は竹元の元を訪れた。悠太郎との事を埋め合わせに行ったのだろう。竹元も表面的には歓迎していなかったが、め以子の思いは伝わっていたようだ。

(自宅)
め以子が自宅へ戻ると何やら悠太郎と源太の声で騒がしい。見ると2人が朝から酒を飲み、つまみを食べながら騒いでいた。これまで食べる事ができなかった源太も酒の力もあったのか、以前のように食べられるようになっていた。2人の姿が嬉しい半面、心配ばかりさせる2人をおっぱらうめ以子だった。

(自宅)
源太の計らいで用意された牛肉で作った牛カツができあがる。予選を優勝する事ができた泰介と諸岡。家族みんなで優勝をお祝いし牛カツを食べた。

(自宅)
悠太郎とめ以子が床につく。悠太郎は竹元との関係について振り返り、一刻も早く戦争が終わる事を願った。しかし、この年の暮れに太平洋戦争が勃発する事となる。

続く:ごちそうさん第110話あらすじ(2014年2月11日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク