徳永えりはサランラップCMの人でNHKや仲代達矢からも絶賛される魅力ある女性


徳永えりはサランラップCMの人でNHKや仲代達矢からも絶賛される魅力ある女性
出典元:flamme

【徳永えり サランラップ CM NHK】

徳永えりさんと言えば、『梅ちゃん先生』に出演して以来、知名度が上がり名前が知れわたるようになりました。とは言え、まだ知らない方も多いようなので、気になる事を色々調べてみたい思います。

スポンサーリンク

徳永えり プロフィール・経歴

【芸名】徳永えり(とくながえり)
【出身】大阪府吹田市
【生年月日】1988年5月9日
【身長】156
【血液型】O
【趣味】ダンス・歌うこと・料理
【その他】フラーム所属

2002年、徳永えりさんが中学2年生の時『第7回ピチモデルオーデション』を受けて、みごと準グランプリを獲得し読者モデルとして活躍されました。そもそも応募のきっかけは、母の薦めであって本人は動機もなく応募したそうですよ。

当時、「徳永えりな」を名乗っていたという。また同誌では、主としてメイク・ヘアアレンジの顔アップ写真のモデルをしてたそうです。そして2005年5月号で卒業されました。

ピチモデル中に現事務所であるフラームのオーディションに自分で応募して合格する。今回は自分でやりたいと思う気持ちがあったのですね。そして、2004年にドラマ『放課後。』で女優デビューをする。このときから「徳永えり」として活動している。

以後、主役級ではないけれど、脇役としてコンスタントにテレビ・映画・舞台にと活躍されています。

サランラップCM

旭化成サランラップCMで「いくよ〜それ!」と男の子とキャッチボールをして出演しているのが徳永えりさん。お気づきでしたか?「あぁ、あの人なんだぁ。」と思う方多いのでは?爽やかな感じがしていいですよね。

ちなみにこのCMは、徳永さんともう1人の女優さんとで構成されています。徳永さんが出演しているのが、『保存は、冷蔵庫と頭の中に』編で『いくよ それ!』と息子とキャッチボールするママという設定です。

NHKや仲代達矢からも絶賛されるとは?

親しみの持てる柔らかな表情が印象的な徳永えりさん。そんな徳永さんは、これまで出演した作品は映画・ドラマ合わせて40本近くというから驚きです。

また、若手ながら少女から母親まで幅広い役をこなすという実力ある女優さんです。が、代表作はなぜか親友役が多いという。知名度が上がった朝ドラ『梅ちゃん先生』でも堀北真希さんの親友役でした。

徳永さんは、主役ではないけれど、脇役で存在感を発揮する側なんでしょうね。主役も大事ですが脇役あってこその主役ですからね。また、視聴者が嫌悪感を抱きにくい顔立ちをされているから、色々な作品に出演されているのでしょうね。

数多く出演している中で、以前からNHKにはちょくちょく起用されています。そして『梅ちゃん先生』を機に御用達といっていいぐらい、こらからも出演が増えていくと言われています。

徳永さんの実力はもちろんのこと、お固いNHKにとっては、演技よし見た目よし好感度ありとなれば、使いた逸材でしょうね。たちまち朝ドラの顔となっていかれるでしょう。

仲代達矢さんとは?

2010年に映画『春との旅』でヒロイン役を演じ「スポニチグランプリ新人賞」を受賞されました。この時、共演した仲代達矢さんからは「スター誕生」と称賛されたという。大御所から絶賛されるなんて、今後の活躍を約束されたようですね。

まとめ

徳永えりさんは、主人公の親友役が多いといいます。それに対して、この位置づけにホっとするという。そんな控えめな女性ですが、今後ますます活躍されることだと思います。目がはなせませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク