夏菜は手ぶら写真集とガンツで有名に、崩壊寸前になった?!ドラマ『仮面ティチャー』に出演


夏菜は手ぶら写真集とガンツで有名に、崩壊寸前になった?!ドラマ『仮面ティチャー』に出演
出典元:toyotaoffice

【夏菜 手ぶら写真集 ガンツ ドラマ 『仮面ティチャー』】

夏菜さんと言えば、2次元から出てきたようなスタイル抜群の美女ですね。セクシーだけど、髪がショートで笑顔がキュートだから全体的に爽やかなイメージですね。そんな夏菜さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

夏菜 プロフィール・経歴

【芸名】夏菜(なつな)
【本名】渡辺夏菜
【出身】埼玉県
【生年月日】1989年5月23日
【身長】165
【血液型】A
【趣味】モダンバレエ・料理・ショッピング
【その他】トヨタオフィス属

中学生の時スカウトがキッカケで芸能界入りする。高校卒業後は進学せず女優業に絞り活動していた。が、仕事なくて数年間は女優業の傍らアパレルショップでアルバイトをしていたという。

2011年4月からバラエティ番組『ピカルの定理』でレギュラーに選ばれタレントとしても活動する。2012年10月からは、NHK朝ドラ『純と愛』で初主演を果たされました。

手ぶら写真集とガンツで有名に?

夏菜さんは、まだ女優としての仕事がなくてアルバイトをしていた時期に映画『GANTZ』のオーディションを受けられます。そして見事合格され出演されました。

2011年に『GANTZ』が公開されると映画は大ヒットし、また夏菜さんもこれを機に知名度が一気に上がり、人気を得ることながら仕事も増えました。その時の夏菜さんは、たしかに衝撃的でしたね。もう目が釘付けになるくらい綺麗でした。

また、グラビアでの活躍ぶりも発揮されています。デビューから7年、写真集『The Gravure』(集英社)を発売される。18歳でグラビアデビューを果たした夏菜さんの集大成となる写真集です。

写真集の作品の中では過激な手ぶらショットが披露されています。この「手ぶら」こそが世間で衝撃が走り有名になっています。実に美しいプロポーションです。

崩壊寸前になったとは?

夏菜さんが「崩壊」したのは、NHKの朝ドラ『純と愛』撮影で脚本家・遊川和彦さんによる激しい「シゴキ」によるものだったという。夏菜さんのブログによれば、私は崩壊寸前でした。いや、崩壊してました。と衝撃の告白をされています。

激しすぎる罵倒に耐え切れず、夏菜さんがトイレに立てこもってしまう事件も起こっていたという。最初の頃は、純がどんな子なのか演じてもわからないのに、遊川さんからは「違う!」と度々言われ続ける。

そして、何度やってみてもわからない状態に陥り、夏菜さんは追い込まれていったのでしょうね。もうみんな敵にしか見えなくなっていたという。

また、放送が開始すると視聴者に純がなかなか受け入れてもらえなかったりする声が多々聞こえてきて、何が正解なのかわからなくなってきてまさに崩壊寸前でした。いや、崩壊してたのでしょう。と。

『純と愛』の撮影現場は、かなり過酷なものだったようです。夏菜さんを一番苦しめたのは、遊川さんでした。遊川さんは、あの有名なドラマ『家政婦のミタ』の脚本を書いた方でもあります。

そんな遊川さんは、容赦なく夏菜さんにダメ出しや泣かせたこともたびたびあったと言います。夏菜さんも負けん気が強いのか、遊川さんに対して逆ギレなんてこともあったりしたという。

女優さんが脚本家に逆ギレなんてありえないことだから、夏菜さんは、やっぱり「崩壊」していたんでしょうね。辛い経験をしてまたひとつ成長されたことでしょう。

ドラマ『仮面ティチャー』に出演

夏菜さんは、2014年2月14日(金)連続ドラマ・映画化された『仮面ティチャー』のスペシャルドラマに出演されます。『GTO』などで知られている藤沢とおるさんの人気マンガが原作です。

仮面をつけバイクを乗りこなし、生徒を更生させるためなら拳も許される特別教師の活躍を描いたもの。内容自体もすごく気になりますが夏菜さんの役どころも気になりますね。

教師・賀東麻耶(夏菜)で元教師の現職市長・賀東幸一(船越英一郎)の娘を演じられます。夏菜さんの教師姿は、どんな感じでしょうね?楽しみですね。

まとめ

朝ドラのヒロインを努めた後、水着グラビアを披露すると、やっぱりグラビア路線で勝負か?とも言われてましたが、徐々に女優さんとしてのキャリアを積んでこられた夏菜さん。まさに今後、どういった道を歩んでいかれるか楽しみです。ますます目がはなせませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク