ごちそうさん:あらすじ(第117話)2014年2月19日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第117話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第117あらすじ

(自宅)
泰介からふ久が諸岡を夜這いしていたという事を聞き、悠太郎、め以子はあまりにもの出来事に事態を飲み込むのに時間を要した。ふ久は恋というものを理解しておらず、いつも諸岡の事を気にしてしまう自分に気付いた。

諸岡が出征するという事を聞き、素直に諸岡の子供がほしいと思ったという。やり方は問題はあるが実はとても純粋で諸岡の事を一心に思った行為だと泰介は続けた。

(自宅)
夕食。悠太郎は部屋に残り、ふ久の事を考え続けていた。夕食が終わろうとする頃、悠太郎が夕食の席についた。そして静かに泰介に話し始めた。両親はどんな人だ、何をやっている人だと。

そして、ふ久に子供を育てるという事がどれだけ大変なことか、学問の道を諦める事になるかもしれないことなど、覚悟があるのか確かめた。ふ久は何の迷いもなく覚悟がある事を伝えた。

悠太郎はめ以子とふ久に出掛ける仕度をするように伝えた。これから諸岡宅へ挨拶に行くというのだ。相手は出征を控えている身。一刻も早くという親心だった。ふ久は悠太郎とめ以子に深々と頭を下げた。これまで育ててもらった感謝の気持ちだろう。

(帰路)
諸岡の母親はふ久の気持ちをうれしく思い号泣したよう。無事、ふ久を預け帰路についた2人。明日になれば決心が揺らぐと思っていた悠太郎。やはりこういう形でふ久と離れるのは父親として辛かったのだろう。悠太郎は大五(め以子の父親)と酒を飲みたい気分だとめ以子に伝えた。

続く:ごちそうさん第118話あらすじ(2014年2月20日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク