小川直也はCMで清原和博と2位の人。石井慧との秘話とは?


小川直也はCMで清原和博と2位の人。石井慧との秘話とは?
出典元:ogawadojo

【小川直也 CM 清原和博 2位 石井慧 秘話】

小川直也さんと言えば、プロレスラー、総合格闘家であり元柔道選手でした。最近では、テレビ出演が多いことでよく目にしますね。そんな気になる小川さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

小川直哉 プロフィール・経歴

【芸名】小川直哉(おがわなおや)
【出身】東京都杉並区
【生年月日】1968年3月31日
【身長】193
【体重】115
【血液】B
【その他】小川道場所

幼少の頃から剣道をはじめ、水泳・野球とスポーツ万能の少年でした。私立八王子高校入学と同時に柔道を始める。そして、明治大学に入学。すると、瞬く間に才能が開花しました。

18才で『全日本学生選手権』で優勝、史上2人目の「1年生王者」となりました。『世界柔道選手権無差別級』で優勝し「史上最年少王者」となりました。

1989年『世界柔道選手権』では95キロ超級、無差別級の2階級制覇を達成する。1990年JRA(日本中央競馬会)に入社する。1991年『世界柔道選手権無差別級』で優勝する。

1992年『バルセロナオリンピック』で95キロ超級で決勝ハハレイシビリ(グルジア)に敗れ惜しくも銀メダル。1996年『アトランタオリンピック』では95キロ超級準決勝で5位に終わる。

以後、JRAを退社しプロの格闘家へと転身、アントニオ猪木さんや佐山聡さんの指導を受け活躍されていきます。

小川さんという人は、柔道家時代は寡黙で口数の少ない印象で知られてたみたいですが、プロレスラーになってからは、パフォーマンスでイメージ・チェンジに成功したそうですよ。

また、普段は温厚で「すごく真面目」と言われるようで、タレントに「メチャクチャ優しい人」とまで言われたほどだという。

小川直也はCMで清原和博と2位の人とは

ローラさん小川直也さん清原和博さんが3人で出ているCMが話題となっています。その内容というのが、ローラさんが清原さんに2位と言っていて、 清原さんのお友達役である小川さんにも2位といっています。

この2位というのが、注目なんです。清原さんは元野球選手で凄く活躍されてましたが、現役時代タイトルを取ったことが無く、野球で一般に三冠タイトルと言われています。打率・HR王・打点王で1番いい成績でも2位でした。

タイトル争いした事を抜粋するとHR王が1990年、2位。1996年、2位。打点王が1992年、2位。2001年、2位という結果です。清原さんは2000本安打、500本塁打、1500打点とプロ野球史上清原も含めて6人しかいないのですが、他の5人はタイトルを取っているので、無冠の帝王とも呼ばれています。

またお友達である元柔道選手の小川さんは、バルセロナオリンピックで金メダル確実と言われていましたが、残念ながら銀メダル(2位)で終わりました。

簡単に言えば、清原さんは国内野球で最高成績が2位で終わり、小川さんは世界大会オリンピックで2位ってことですかね。このCMは迫力ある2人と一緒に共演しているローラーさんもいい感じですし、全体的に面白いですね。

石井慧との秘話とは?

石井慧(いしいさとし)さんと言えば、元柔道家で総合格闘家。柔道家時代には、『北京オリンピック柔道男子100kg超級』で金メダルを獲得された強者です。そんな石井さんと小川直哉さんは、実は師弟関係にあったそうです。

石井さんが高校生時代、稽古を教えてもらいたいために、小川さんの元を訪ねたことがあるそうです。当初、小川さんは石井さんと口もきかなかったそうですが、そのうちに「ハートがいい」と認めたそうですよ。

以後、石井さんとは親交が続いていて、北京オリンピック直後には、石井さんに「破壊なくして創造はなし」という橋本さんの精神を継いで欲しい。として「真・破壊王」の称号を与えたという。

また、石井さんが総合格闘技に転向した時、「お前が石井をそそのかしたんだろう。」と周りの人達に言われたようです。が、しかし、「俺が一番、石井の総合転向に反対した!」とコメントされている。

2008年に石井さんが北京オリンピックで獲得した金メダルを小川道場に寄贈した。寄贈後に石井さんが大外刈りを披露すると、小川さんは石井さんの大外刈りを「STI(スペース・トルネード・イシイ)」と命名された。

なんだか、愛がありますね。いい師弟関係だったんでしょうね。

まとめ

小川直哉さんは、今ではバラエティに出演し、なかなか面白いです。今後もなんだか目がはなせない存在な方です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク