ごちそうさん:あらすじ(第120話)2014年2月22日-NHK朝ドラ


【ごちそうさん あらすじ 第120話 NHK 朝ドラ】

あらすじ目次・出演者相関図はこちら

スポンサーリンク

第120あらすじ

(自宅)
め以子は大吾に手紙を書いていた。大人数の調理についての質問、活男が少しでも安全なところへ配属されるようにめ以子の親心だ。大吾は戦場でコックに求められる事を可能な限り記し返信した。

活男の調理特訓が始まった。野菜の皮をむく、にぎり飯を握る、食材を炒める、いつ敵の攻撃に合うかわからない戦地ではどんな事でもスピードが求められる。め以子は特訓に利用する食材を手持ちの着物を売って調達した。

(こうひい うま介)
身内だけで活男の細やかな出征祝いが行われた。皆、活男との別れは辛いが少しでも料理人になれる道を洗濯した活男を応援した。

(自宅)
朝。朝食で家族内での出征祝いを予定していため以子。すると活男がすでに起床していた。最後の食事、活男は自分で朝食を作り、皆に食べてもらいたいと望む。め以子はその気持を汲み取り活男に任さる事にした。

飼っている鶏が卵を5個も産んだ。活男は卵と豆乳を混ぜオムレツを作る事にした。活男が一生懸命に作る姿を見ていため以子。活男との思い出が走馬灯のように頭のなかを駆け巡る。活男を戦地へ送り出す選択が間違っていないか自問自答する。

(自宅)
皆が食卓についた。活男の作った大きなオムレツにめ以子が作った出汁あんかけが掛けてある合作料理。活男が皆に取り分けた。最後になるかもしれない活男との食事を噛み締めながら食事をした。

め以子は活男に戦地から戻ってきたら幼い頃一緒に作っていたアイスクリンを作ろうと約束する。活男は必ず帰ってくる事を皆の前で誓った。

(自宅)
活男は皆に見送られ戦地へ向かった。

続く:ごちそうさん第121話あらすじ(2014年2月24日)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク