鶴久政治は元チェッカーズ 現在は掃除大好き家事夫?!元メンバーの事


【鶴久政治 元チェッカーズ 現在 掃除大好 家事夫 元メンバー】

鶴久政治さんは、1980年代に大活躍した元チェッカーズのメンバーです。そんな鶴久さんも今ではもう49歳という年齢(2014年3月時点)。月日が経つのは早いですね。

スポンサーリンク

元チェッカーズの鶴久政治さんの現在って?!

鶴久政治さんは、元チェッカーズのメンバーでサイドボーカル、また曲によってはキーボードを担当しており、作曲面においても活躍されていました。

そんな鶴久さんの現在は、タレント業はもちろんされてますがそれ以上に話題になっているのが、なんと異常過ぎるほどの家事夫になっていたようです。

掃除に役立つ掃除テクニックをテレビで紹介されていました。それは身近なものを上手に活用するということです。まずはトイレ掃除。スーパーやコンビニで貰った割り箸は、手の届かない所をキズをつけずに掃除が出来るという。

続いてフローリング爪楊枝は、フローリングの目地を綺麗に掃除が出来るという。他にもまだまだあるようで。完全に家事にハマっているようですね。

また年末の大掃除の時は最後に必ず行うというのが、掃除機を磨くことらしいです。普段、目にすることもないホースの中までしっかり掃除をするのがこだわりだという。

汚いより綺麗好きの方がいいかも?(笑)ですね。ですが、家族に引かれないようホドホドにして下さいね。

元メンバーの事

元チェッカーズのメンバーの皆さん達のことについて触れてみたいと思います。チェッカーズは全員で7名で結成されていました。メンバーは以下の通りです。

藤井郁弥(現在:藤井フミヤ):リードボーカル。結成前は、カルコークというバンドでボーカルをしていたよう。高校を卒業してデビューまでの間、国鉄で働いていたという。

武内享ギター・リーダー。デビューまでの間、楽器店でヤマハのピアノのセールスマンをしていたよう。販売成績が優秀でチーフまでになったそうです。実家はスナックで、よくメンバーが集まって練習していたという。ビートルズマニア。

高杢禎彦ボーカル・他パーカッションなども担当。幼い頃は、ガキ大将で保育園のときから藤井郁弥さんとよく遊んでいた仲だという。高校の頃、坊主頭にヒゲを生やしていたので当時とても高校生には見えなかったらしい。

大土井裕二ベース、副リーダー。矢沢永吉に憧れてベースを始めたという。チェッカーズ結成前は、シークレッツというバンドでベースを弾いていた。

鶴久政治ボーカル・他キーボードなども担当。チェッカーズ結成前は、50’sというバンドでボーカルをしていた。

徳永善也ドラム。愛称はクロベエでお馴染み。チェッカーズ加入前からドラムの評判が凄かったので、多数のバンドから勧誘されていたそうです。

藤井尚之サックス・他ギター、フルートも担当藤井郁弥さんの実弟。元々ベースを担当していたが、サックスに転向される。

この他、サポートメンバーとしてキーボードの八木橋カンペーさん、パーカッションのアンディ檜山さんがいました。

こう見ると、皆さんデビューされる前から有名だったり、凄く音楽を愛されていたというのがわかりますね。もし、チェッカーズが解散していなかったら今なお活躍されていたように思います。それぐらい人気ある人達でしたからね。

まとめ

鶴久政治さんは、意外に掃除好きというのわかりましたね。今あまりテレビでは見かけなくなりましたが、主に出身である福岡を中心に活動されているようです。また、全国区での活躍も期待したいですね。頑張って下さい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク