ガッチャマン、映画の出演者だれ?松坂桃李&実写動画?あらすじ?


ガッチャマン、大鷲の健 だれ

【ガッチャマン 映画 出演者 だれ 松坂桃李 実写 動画 あらすじ】

ガッチャマンの実写版が2013年8月24日上映されます。
アニメのガッチャマンとは違い、VFX(ヴィジュアルエフェクト・視覚効果・特殊効果)が利用され、重厚な映像に仕上がっています。

VFXを担当するのは、株式会社白組。これまで、キムタクの『SPACE BATTLESHIP ヤマト』や『ALWAYS 三丁目の夕日』を手掛けた事で知られています。VFX技術に定評があり、ガッチャマンの実写化に貢献しています。

また、監督は『ごくせん』『カイジ』の佐藤東弥さん、脚本は『GANTZ』の渡辺雄介さん、キャラクターデザインは『APPLESEED』の荒牧伸志さんとそうそうたるメンバーが揃っています。

主題歌:BUMP OF CHICKEN『虹を持つ人』
重厚な映像美、奥深いストーリーを演出しています。

スポンサーリンク

ガッチャマン、あらすじ

実写版ガッチャマンの設定は、2050年の近未来。謎の侵略者によって17日間で地球の半分が壊滅になっている状況。

人類は、謎の力を秘めている結晶体『石』に望みを掛けます。その石の力を引き出せるのは800万人に1人。この適合者が施設で訓練しガッチャマンに。ガッチャマンは、悪と闘うために兵器と化す。

ガッチャマン5人の名称やギャラクターについては、アニメ同様に設定されています。総裁Xは実写版では登場しない模様。

時代設定は現代から37年後の近未来ですから、アニメと大筋では一致しているものの、実写版独自のテイストが盛り込まれており、かなり期待できる作品ではないかと思います。

当時を懐かしむお父さん、今回新たにガッチャマンを知った子供達、家族揃って楽しむことができると思います。

ガッチャマン、予告動画

ガッチャマンの衣装が2000万円!

映像を見た方ならアニメガッチャマンとは一味も二味も違うと感じるはず。映画独自の世界観を感じることだけではなく、ガッチャマンのGスーツ(衣装)に驚いたでしょう。

なんとこのGスーツ、総額2,000万円ということ。アメコミの実写版並の重厚で精密な作りになっており、非常に軽く丈夫で演技がしやすいとか。

ガッチャマン出演者、キャスト、メンバー

松坂桃李さん:大鷲の健
松坂桃李さんの出演作品は、『梅ちゃん先生』『ツナグ』など。もう4年前の放送になるので忘れている人もいるかもしれませんが、『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンレッド役を演じています。アクション演技を期待できますね。

綾野剛さん:コンドルのジョー
綾野剛さんは、『八重の桜』『空飛ぶ広報室』などに出演。
これから公開(2013年7月~)の『シャニダールの花』では主演を、『夏の終り』では、満島ひかりさんと共演。実は、松坂桃李さん同様、ヒーローもの経験者です。『仮面ライダー555』のスパイダーオルフェノク役という適役とはいえ、重要な役どころを演じた経験があります。

剛力彩芽さん:白鳥のジュン
剛力彩芽さんは、毎日テレビで見ると言っても過言ではありません。ドラマ出演も多いですが、特にCM契約数は半端じゃないですね。意外とこの世界に入ったのは小学生のころ。『SEVENTEEN』の専属モデルを経て、大ブレイクです。

濱田龍臣くん:燕の甚平
浜田龍臣くんは、子役の中では有名な存在。実績名実ともに子役を代表する存在。NHK大河『龍馬伝』の龍馬の幼少期、実写版『怪物くん』のヒロシ役を演じたことが記憶に新しいところ。

鈴木亮平さん:みみずくの竜
鈴木亮平さんは、身長は186cm、筋肉隆々でたくましいを絵に書いたような男性です。モデルを経て俳優に専念。『阪急電車』『空飛ぶ広報室』などに出演。この方、アニメの実写に一番慣れているかも?実は『変態仮面』の主人公を演じています。すっ、すごいコスチューム(笑)

そのほか、
岸谷五朗さん:南部博士(ガッチャマンの親のような)
初音映莉子さん:ガッチャマン適合者のひとり
光石研さん:カークランド博士
中村獅童さん:謎の適役

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク