松本人志 確執あった不仲説認める。岡村はダウンタウンを?

松本人志 確執あった不仲説認める。岡村はダウンタウンを?
出典元:吉本興業

【松本人志 確執 不仲説 認める 岡村 ダウンタウン】

3月31日に放送された『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』には、今後歴史に残る出来事が多々あり感動や驚きが盛り沢山でした。

スポンサーリンク

岡村はダウンタウンを?

ナインティナインは自身のラジオ番組で、3月31日に放送された『笑っていいとも!』グランドフィナーレ舞台裏を明かされていました。

この日は、ダウンタウンとウッチャンナンチャン、さらにはとんねるずと爆笑問題が乱入し、メディアなどで不仲説がささやかれてきた芸人たちが「奇跡の共演」を果たしました。

途中、明石家さんまさんが退場されましたが、多くの大物芸人が番組エンディングまで残り、タモリさんのラストを飾られました。しかし、さんまさん以外にも、番組途中で帰ろうとしていた芸人がいたようです。

グランドフィナーレを感慨深く振り返る中、矢部さんは「さんまさんが帰りはって、次のVTRテープで、ダウンタウンさんが「もう、帰るわ。もう帰るわ」ってCM中に言ってはって。と、ダウンタウンの浜田雅功さんと松本人志さんが途中で帰ろうとしていたことを明かされました。

この時すでにとんねるずさんの2人も舞台を降り客席に座ってしまったため、岡村さんは「ここでダウンタウンが帰ってしまったら、スタジオがも抜けの殻みたいになる!」と考えたという。

そこで、浜田さんの腕をそっと両手で掴み「すいません、居てください。ホント申し訳ないです。」「あと、2ロールお願いします。」などと説得したそうです。

その後、しばらくの間ダウンタウンさんの2人はおとなしくしていたものの、再び松本さんがCM中に「もう、ええやろ?帰るわ。」と言い出したという。

今度は矢部さんが松本さんの腰に手を当て「松本さん。ラストロールです」と、お願いしたそうです。で、結局2人の言葉を受けてダウンタウンは残ることになったそう。

岡村さんは「スタッフが何もしてくれへんから、自分らでやるしかない。」と混乱するスタジオでADがやるはずの仕事をせざるを得なかったことを明かされた。

また「あれは、ホンマに(ナインティナインへの)優しさで、(ダウンタウンは)2ロールいてくれはったんやと思う。ホンマ助かった。」と、説得に応じてくれた浜田さんと松本さんへの感謝の気持ちも語っておられました。

乱入劇の舞台裏でも、事件が発生していたようですね。ナインティナインの機転がきく調整役の活躍がなければ、「奇跡の共演」の感動は半減していたかもしれないですね。

不仲説認める

ダウンタウン松本人志さんがテレビ番組で、先月31日の『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』で、「不仲説」のあったお笑いコンビ・とんねるず爆笑問題との共演を振り返えられました。

「不仲説と言われるはいろいろあったんですよ。我々が血気盛んなころの20代・30代に。」と過去にあったことを認められました。

松本さんは、「昔は今のお笑い界とは違う。本当にやるかやられるかみたいな時で、真剣持ってやってたみたいな。若い人からしたらダサい話かもしれないけど、僕らにとってはそれしかなかった。

人に言ったこともあったし、人から傷つけられたこともあった」と告白し、「今はもう平安時代。木刀しか持ってない。昔はそういう時代だった」と語っていました。

また、松本さんは「奇跡の共演」については、「そうなる可能性はあった」と想定内だったが、「わくわくドキドキした」とその時を振り返えられていた様子も。

「僕が思うのは、あれを見た若い人が、テレビって面白いな、俺もああいうステージに立ちたいなとか思ってもらえたら素晴らしい」とサプライズ共演に込めた思いを明かされました。

ゲスト出演したSMAP中居正広さんは、演出がどの程度あったのかについて「明石家さんまさんなどの登場時間が、最初の構成は15分ずつだった」といい、

「ダウンタウンさん、ウッチャンナンチャンさんがきて、とんねるずさん、ナインティナインさんの順だった。そもそも、とんねるずさんは前半出ないで後半出る予定だった」と紹介。

松本さんは、共演を煽るように「ネットが炎上する」とコメントした理由について、「ちょっとこそばゆいから。俺も性格的にみんながぼんやり思ってるのが気持ち悪いから」と照れながら説明されました。

また中居さんは、とんねるずさんと爆笑問題が打ち合わせにいたのに、オープンニングに登場しなかったことに触れ、裏で鉢合わせないようにしていた暴露されました。

すると、MCの東野幸治さんと松本さんは、スタジオ裏にいた同番組のプロデューサーで、『いいとも』も担当していた中島優一さんに「合わせないようにしていたのはなぜか?」と問いただされていました。

中島さんは慌てながら「やっぱりネットが炎上しますから」と答え、大笑いさせていました。

そこで、東野さんがお笑いではない中居さんがまとめ役として重要と話すと、松本さんは「そうなんですよ。それがこの男の汚いところなんですよ。すっと来て、いいところ持っていくでしょ。

最後もSMAPが『ありがとう』を歌って、結局お前やんか!」と嫉妬する様子。横にいた中居さんは必死に否定し「中島さんから、話をまとめてくれ!とカンペが出た。俺は無理だって言った。怪獣ばっかりだし。」と苦笑いで釈明されていました。

まとめ

いいとも!ラストでは色々なことが明るみになりスッとしましたね。ラストは寂しいですけれど、それに値する番組が見れました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク