タモリは偉大。キングコング 西野亮廣が語る感動秘話


タモリは偉大。キングコング 西野亮廣が語る感動秘話
出典元:吉本興業

【タモリ 偉大 キングコング 西野亮廣 感動 秘話】

お笑いコンビ キングコング西野亮廣さんは、本業の漫才以外に、絵本作家脚本家としての顔も持ち合わせています。そんな創作活動の原点となったのは、タモリさんからの一言だったと言う。

スポンサーリンク

タモリとのエピソード

西野亮廣さんは、インタビューでこれまでの人生で一番迷いがあったのは25歳の頃だったと言われていました。21歳の時、テレビ『はねるのトびら』で深夜番組をしていた時、大阪から出てきて「何としても、この番組をゴールデンにまで持っていくぞ!」という目標を立てていたようです。

思いが募ったのか、結果、番組は4年半後には見事にゴールデン昇格し、視聴率も20%ほど取れるようになったという。番組は大きくなったが西野さんは、自分が考えていたものとは違っていたという。

もっと売れる、スターみたいになれると思っていたようです。でも、まったくそうではなかった。相方梶原雄太)にも話されたようですが、この世界を辞めることも考えたようです。それは、環境が整ったのに、突き抜けない。才能がないんだ。もうダメだと。

そんな中、当時レギュラーを務めていたテレビ『笑っていいとも!』でお世話になっていたタモリさんから「飲みに行こうか」と誘われたそうです。

そこで、タモリさんから唐突に「西野、絵を描いてみたらどう?絵本を作るとか?」と言われたそうです。でも当時の西野さんは、絵なんてまったく描いてなかったし、それこそ『いいとも』の打ち合わせ時の資料にちょっと落書きする程度だったよう。

たまたま、その落書き程度の絵をタモリさんが見てくださっていたのか、もっと深いところを感じ取ってくださっていたのかは分かりませんが、ふと、その言葉をいただいたという。

あとは、2人とも酔っぱらって、アホな話ばっかりしていたよう。でもそんな西野さんですが、翌日から絵を描き出されました。今までやってたわけでもない、また絵は細い黒ペンだけで線を重ねて描くので、1枚描くのに1ヵ月の月日を費やすという。

しかし、しばらくすると思わぬ効果が出たそう。それまでの西野さんは、相方梶原雄太)にすべての思いをぶつけていたようです。例えば、漫才のネタができ上がったら、朝の6時であろうが、相方を呼んで稽古をする。

そうエネルギーを向ける方向が、全部相方だったと。その結果、相方が精神的にしんどくなってしまった時期もあったと言います。でも、絵を描き始めると、エネルギーのかなりの部分を絵に持っていかれる。

となると、相方にいく部分が減り、結果相方の負担が減る。それ以降、コンビ仲人間関係が少しずつうまくいくようになっていったという。

ただ、それは同時に、絵本作りがいかに時間がかかるということがわかります。1枚描くのに時間がかかるので、想定していたページの半分の時点で2年が経っていたという。

毎日何時間も描いて、2年で半分くじけそうになった時、またタモリさんに「飲みに行こうか」と誘っていただいたという。最初の店で、絵本作りに行き詰まっていると弱音を吐いてしまいました。

すると、タモリさんに「そうだ、厚揚げのおいしい店があるから、そこに行こうか。」と言われたそう。次の店は、タモリさんの知り合いがやっている小さなお店だっという。

タモリさんが店主の方に伝えて、店のテレビに『カウント・ベイシー・オーケストラ』の映像が流れたという。西野さんは、まったく知らなかったようですが、カウント・ベイシーという世界的なミュージシャンが率いるビッグバンドは、初めてでもすごさが分かるくらいだったという。

その映像を2時間くらい聴いていたら、タモリさんが「マスターがベイシーが大好きで大好きで、店名も『ベイシー』と付けた店があるんだよ。東京からずっと離れた田舎の店なんだけど、オープンから20年経って、なんと、ベイシーがその店に来たんだ。

自分の名前をつけてる店が日本にあるという話が回りまわって、本人の耳にも入ったってことなんだよな。」と西野さんは、「へぇ~、そんな話もあるのだ。」と思いかけて、ハッと気付かれたよう。

これを言うために、タモリさんはここの店に僕を連れてきたんだと。続けることは大変だけど、その先には何かがある。話の本質に気付いた瞬間に、タモリさんの粋なはからいが。

タモリさんは店主さんに「厚揚げ、ちょうだい」とおっしゃいました。あくまでも、目的は厚揚げを食べに来たんだよという優しさをこめて。西野さんは、翌日からまた描きはじめられました

そして5年かけて1冊目の絵本を出版されました。ゆっくりながら、今では3冊の絵本が出版されたようです。西野さんは言います。「物を作ること、ひいては生きていくことへの考えが25歳を境に変わった。

もし、タモリさんに絵を勧められてなかったら、いったい、今の自分はどうなっていたのか?考えただけでも、ゾッとします。」と。恩返しなんておこがましいですけど、まずは自分が突き抜けた存在になること。

そして、そこで初めて、「あの時の言葉がなかったら、今の僕はありませんでした。」とタモリさんにお礼を言う資格が生まれるのかな?と思う。と。

まとめ

言い過ぎかもしれませんが、人間って出会う人によって運命が変わるものですね。キングコング・西野亮廣さんは、タモリさんに出会い新たなジャンルを踏み出し成功されました。

それは西野さんの実力もそうですけど、見出してくれたタモリさんも偉大な人だと思いました。西野さんの今後の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク