宮尾俊太郎 バレエダンサー 熱愛と噂される北川景子は実はこんな人?


宮尾俊太郎 バレエダンサー 熱愛と噂される北川景子は実はこんな人?
出典元:K-BALLET COMPANY

【宮尾俊太郎 バレエダンサー 熱愛 噂 北川景子 実はこんな人】

宮尾俊太郎さんは、熊川哲也さん率いるKバレエカンパニーの新たなスターとして注目されているバレエダンサーです。そんな王子さまと呼ばれている彼について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

宮尾俊太郎 プロフィール・経歴

【芸名】宮尾 俊太郎(みやお しゅんたろう)
【出身】北海道札幌市
【生年月日】1984年2月27日
【血液型】O
【身長】184
【その他】熊川哲也 K-BALLET COMPANY所属

バレエを始めたキッカケは、熊川哲也さんが出演したコーヒーのテレビコマーシャルを見て衝撃を受け、中学3年生の時にやり始めました。遅いスタートながら、それから数年後には、凄い人になっていました。

高校生の時に参加したバレエセミナーで、パリ・オペラ座の元エトワールであるモニク・ルディエール声を掛けられてフランス・カンヌに留学されました。

14歳でバレエを始め、17歳でフランスのカンヌ・ロゼラハイタワーに留学。そして帰国後の2004年、熊川哲也率いる『K-BALLET COMPANY OFFICIAL』に入団されます。

実力を発揮するかのように『ドン・キホーテ』『白鳥の湖』『ジゼル』など次々と主演を果たされます。2008年『たかの友梨ビューティー』のCMに出演し、米倉涼子さんのダンスの相手役を務め、一躍脚光を浴びました。

2009年9月ファースト・ソリストに昇格されました。以後、バレエ以外にドラマ・映画など幅広く活動をされています。

噂の北川景子は実はこんな人?

宮尾俊太郎さんは、2010年に公開された映画『花のあと』で共演した女優北川景子さんと一部「お泊まり愛」が報じられました。はたして真相はどうなのでしょう?

この時の完成報告会見での終了後に、北川景子さんは報道陣からの「交際は順調ですか?」などの問いかけに応じなかったものの、笑みを浮かべて会場を後にしたという。

関係者によれば、宮尾さんと北川さんは映画『 花のあと』での共演を機に仲良くなりかけたが、結局交際までは発展しなかったと言われています。お2人のファンにとっては一安心?!

実はこんな人
のあった北川景子さんは、実はこんな人だった!ということを関西のタレントで映画評論家の浜村淳さんが自身のラジオ番組で明かされていたという。

浜村さんは、今までのインタビューで困った人として北川景子さんを名指しで明言されていたようです。その理由として、浜村さんが何を質問しても答えてくれなかった。と言います。

また、ムスッとした態度のまま質問にロクに答えない。その時は出演映画のPRのためのインタビューだったにもかかわらず、まったく宣伝に協力する気のない態度をとっていたと言われています。

これを聞いたリスナーたちがネット上でに書き込んだことで、徐々に情報が広まり「性格に裏表ありすぎ」「テレビの気さくキャラも演技か」とネットユーザーの間で話題になっていたそうです。

単純に虫の居所が悪かったのかもしれませんが、仕事中に態度に表してはいけないのが鉄則ですよね。それは芸能界も一般の世界も変わらないですよね。

また、北川さんは以前、週刊誌でも「収録現場で愛想がない」「スタッフが挨拶しても、フンと横を向くような態度をとることがある」と暴露されたことがある。噂かどうかは、う〜ん火のないところに煙は立たないと言いますからね。何かあるのでしょうかね?

一方の宮尾俊太郎さんは、バレエという芸術に没頭してきたことで、沢山の出会いや発見があったとう。そのバレエに感謝し、これからももっと自分の表現を磨き、深めていきたい。

何処まで上へ昇れるか、何処に行き着くのかゴールは分からないけれど、頑張っていきたいと語られていました。ぜひ頑張っていってほしいですね。

まとめ

イケメンで長身の宮尾俊太郎さんの今後の活動に目がはなせませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク