工藤阿須加 ルーズヴェルト・ゲーム ピッチャー沖原で出演 父・妹大物?


工藤阿須加 ルーズヴェルト・ゲーム ピッチャー沖原で出演 父・妹大物?
出典元:パパドゥ

【工藤阿須加 ルーズヴェルト・ゲーム ピッチャー 沖原 出演 父 妹 大物】

まだ知名度はこれからという人ですが、今後が期待されている若手注目株の工藤阿須加さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

工藤阿須加 プロフィール・経歴

【芸名】工藤 阿須加(くどう あすか)
【出身】神奈川県
【生年月日】1991年8月1日
【身長】180
【その他】パパドゥ所属

2012年、ドラマ『理想の息子』でデビューされます。また2013年ではNHK大河ドラマ『八重の桜』に主人公・新島八重の弟山本三郎役として大抜擢され注目されました。

2013年7月から9月まで、ドラマ『ショムニ2013』に出演されていました。

また、映画『悪の教典』で松本弘役として出演されていました。そして、2014年5月10日公開予定 映画『百瀬、こっちを向いて。』で宮崎瞬役として出演されるようです。楽しみですね。

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム 』ピッチャー沖原で出演

新ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム 』は、『半沢直樹』で同じみの人気小説家 池井戸潤さんが原作です。舞台は、中堅精密危機メーカーである青島製作所。その青島製作所の社長を演じているのは唐沢寿明さんです。

不況の荒波と同業者との激しい戦いで倒産寸前に追い込まれた会社を守り抜くために「奇跡の逆転」を巻き起こせるのか?!といったドラマです。

工藤さんは、青島製作所 野球部に所属する投手 沖原和也を演じられています。高校時代は将来を約束されたほどの選手でしたが、その才能に嫉妬した如月や先輩部員からいじめられます。

さらに母親を侮辱されて怒りを爆発させ、如月を殴ってしまいます。その後、如月の親と懇意であった野球部監督によっていじめの事実をもみ消され、責任を全部背負わされて野球部から放逐されました。

高校卒業後は、青島製作所の契約社員となり母親に仕送りをしながら地道に生活をしていましたが、製造部と野球部のエキシビションゲームで製造部チームの代理投手として登板し、その時に豪速球を披露する。

大道や古賀など野球部員の説得で野球部に入部し、再び野球の道を志すという。話のストーリーも面白いですが、工藤さんの演技も見ものですね。

父・妹大物?

工藤阿須加さんの父親は元プロ野球選手の工藤公康さんです。そして妹はプロゴルファーの工藤遥加さん。工藤さんもお父さんさんと同じ野球をしていたイメージがあるのですが、どうやら違うようです。

なんだと思います?工藤さんは、テニスをしていたようでプロを目指すほどの腕前だったそうですよ。スポーツの種類は違いますけれど、どちらにしてもスポーツ万能一家ですよね。

まとめ

イケメンで長身の工藤さんの今後の活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク