ニコクラニチャール、クロアチアのイケメンサッカー選手(画像)の経歴、背番号19番で活躍


ニコクラニチャール、クロアチアのイケメンサッカー選手(画像)の経歴、背番号19番で活躍
出典元:クイーンズ・パーク・レンジャーズFC

【ニコクラニチャール クロアチア イケメン サッカー 選手 画像 経歴 背番号 19番 活躍】

クロアチア代表ニコ・クラニチャール選手が超イケメン過ぎて世界中の女子たちが彼に釘付けです。そんなニコ・クラニチャール選手について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ニコ・クラニチャール プロフィール・経歴

ニコ・クラニチャール(画像)(出典元:YAHOO!)

【本名】Niko Kranjčar(ニコ・クラニチャール)
【国籍】クロアチア/オーストラリア
【生年月日】1984年8月13日
【出身地】ザグレブ
【身長】185
【体重】80
【在籍】クイーンズ・パーク・レンジャーズFC
【ポジョン】MF
【背番号】19
【利き足】右足

ニコ・クラニチャール選手は、ズラトコ・クラニチャールさんといって元クロアチア代表選手元クロアチア代表監督を経験した父をもつ。偉大な父のもとサッカー選手となっていきました。

ディナモ・ザグレブ時代

ニコ・クラニチャール選手は、「NKディナモ・ザグレブ」のクラブのトップチームで17歳という最年少で主将を務める。16   歳で『プルヴァHNL』初出場を果たし、また最年少得点をも記録。デビュー年の2002-03シーズンはリーグとカップ(クロアチア語版)の2冠を達成し、翌シーズンもカップ戦のタイトルを獲得する。

ハイドゥク・スプリト時代

2005年、「ディナモ・ザグレブ」の経営陣と対立し困難な状況に陥っていた。しかしライバルである「HNKハイデュク・ス   プリト」のスポーツディレクターのイゴール・シュティマッツの手助けにより、同クラブに移籍する。衝撃的な移籍であったが、素晴らしいパフォーマンスですぐさまファンから人気を集め、加入1季目の2004-05シーズンに自身2度目となるリーグタイトル獲得に貢献した。

そのような活躍から国外の様々なクラブから獲得の申し出があったものの「ハイドゥク」残留を決意、翌2005-06シーズンのリーグ戦でチーム最多の10得点を挙げた。『2006 FIFAワールドカップ』後、世界中のメディアがクラニチャールを取り上げ関心を示した。2006年8月「レンヌ」の移籍金450万ユーロのオファーを「ハイドゥク」は断った。しかし、同日の31日に移籍金350万ポンド(520万ユーロ)で「ポーツマスFC」と4年契約を締結した。

ポーツマス時代

2006年、『トッテナム・ホットスパーFC戦』(アウェイ1-2敗北)で90分間フル出場でプレミアリーグ初出場を飾る。2007年、『フラムFC戦』(1-1)で先制点にして移籍後初得点を挙げ、加入1季目は24試合2得点を記録し次のシーズンは、FAカップのタイトル獲得に不可欠な選手となる。

2008-09シーズン、クラブが残留争いをする中で2009年、クラニチャールは「ビッグクラブ」へ移籍したいという自身の希望を明らかにした。そして2009年8月、来シーズンのオフにクラブを退団する意思を明らかにした。

トッテナム・ホットスパー時代

移籍期限終了間際に「トッテナム・ホットスパーFC」と4年契約を締結し、2009年、正式発表。移籍金は非公開だったが、250万ポンド程度と推測された。「トッテナム」を選択した理由は、エヴァートン以上の伝統と偉大さ、ハリー・レドナップ監督の存在、同胞のルカ・モドリッチとヴェドラン・チョルルカからクラブの素晴らしさという。

マンチェスター・ユナイテッドFC戦』(ホーム1-3敗北)で初出場する。以後、試合に出場し得点を重ね活躍したいたが、徐々に先発出場することが難しくなっていた。

ディナモ・キエフ時代

2012年、「FCディナモ・キエフ」と4年契約をする。移籍金は非公開だが、700万ポンド程度と推測されていた。移籍決定後のクラニチャールは、「ディナモ・キエフ」との契約が幸せと語る。一方で「トッテナム」での生活は失敗だったことを認めた。

また、「ディナモ・ザグレブ」在籍時の2003年に「ディナモ・キエフ」が自身との契約に関心を寄せていたことを語った。第5節の『FCヴォリン・ルーツィク戦』と『FCカルパティ・リヴィウ戦』でそれぞれ2得点を記録した。

QPR

2013年、恩師であるハリー・レドナップ監督が指揮する「クイーンズ・パーク・レンジャーズFC」へトッテナム時代の同僚だったブノワ・アスー=エコトとトム・キャロルとともにレンタル移籍をした。

代表

U-16、17、19、21と各年代の代表を経験する。2004年の『イスラエルとの親善試合』でA代表初出場を飾った。『2006FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選』で中心選手として9試合に出場する。

ブルガリア戦の代表初得点の1得点を含め2得点を挙げる活躍を見せた結果、eurosport.comが選定するワールドカップで注目の若手選手にリオネル・メッシ、ルーカス・ポドルスキ、サリー・ムンタリ等と共に選出された。

2006 FIFAワールドカップ』でも印象的な活躍を見せ、グループステージ全3試合に出場。父ズラトコが代表監督を退任してからも『UEFA EURO 2008』予選で中心選手として全12試合に出場する。

2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ』予選のサッカーカザフスタン代表戦で得点を記録。『UEFA EURO 2012』の一員としてグループリーグ全3試合に出場を果たす。

プライベート

2008年7月18日に結婚し、2011年3月7日に長女を授かりました

2014年 ワールド・カップ今大会

イケメンで実力も兼ね備えたニコ・クラニチャール選手ですがが、ハムストリング負傷のため、ワールドカップを欠場しますと発表。最長で4週間の離脱を強いられると明言。

チームの監督は、「本当に残念だ。我々のチームの中でもっとも経験のある選手の1人。彼はブラジルでのメンバーにふさわしい選手だし、彼の経験とスタイルが必要だった。だが我々は前を向かなければならない」と。

まとめ

クラニチャール選手の惹きつけられる目・太い眉・髭がとても魅力的なイケメン選手。また性格が真面目で誠実なところが人気の理由のひとつだと言われています。

2014年の大会は惜しくも残念でしたが、今後の活躍にまた注目したいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク