柿澤勇人、映画カイジ2に裏カジノ店長 村上保役 劇団四季出身で家族構成が凄い


柿澤勇人、映画カイジ2に裏カジノ店長 村上保役 劇団四季出身で家族構成が凄い
出典元:ホリプロ公式サイト

【柿澤勇人 映画 カイジ2 裏カジノ 店長  村上保 劇団四季 家族】

柿澤勇人さんは、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の森蘭丸役として出演するなど注目されている俳優さんです。気になる素顔におってみたいと思います。

スポンサーリンク

柿澤勇人 プロフィール・経歴

【芸名】柿澤勇人(かきざわ はやと)
【出身】神奈川県
【生年月日】1987年10月12日
【身長】175
【血液型】B
【趣味・特技】サッカー・ピアノ・英語(日常会話)・温泉巡り・旅行
【その他】ホリプロ所属

少年時代はサッカーに熱中でサッカーの名門である東京都立駒場高校に推薦で入学するほどの実力で、将来はプロを目指していた

高校1年時、劇団四季ミュージカル『ライオンキング』を見たキッカケで「シンバをやりたい」と、劇団四季への入団を志す。舞台芸術学院の夜間部に入学し高校に通いながらミュージカルを学びます。

家族に反対されていたが「2年間だけ時間が欲しい。結果が出せなければあきらめる」と説得。そしてその後2007年に倍率100倍以上の難関を突破して劇団四季の研究所に入所する。

2008年、念願だった『ライオンキング』の「シンバ役」を射とめるものの、十分な演技ができずに1度きりの出演で稽古場に戻されてしまう

2009年、新作ミュージカル『春のめざめ』では主役・メルヒオール役に抜擢される。開幕以来、全公演に出演していたが、2009年8月上旬に膝を痛めた。

トリプルキャストの1人である上川一哉さんに交代したが、翌週には復帰し千秋楽までの舞台を勤めあげました。それから2009年劇団四季を退団された。

2011年よりホリプロに所属。日本テレビ系『ピースボート -Piece Vote-』でテレビドラマ初出演し、『カイジ2』で映画初出演を果たす。

カイジ2に裏カジノ店長 村上保役

2014年6月27日(金)21時00分~22時54分 金曜ロードSHOW!映画「『カイジ2~人生奪回ゲーム~』人生を取り戻せ!」に柿澤さんが出演されます。

この映画のあらすじは、前回でカイジ(藤原竜也)は命懸けでゲームを勝ち抜き、巨額の借金を帳消しにしたが、再び借金を抱え地下の労働施設送りになっていた。

仲間たちからの期待で2週間だけ地上に戻ることを許されたが、その間に2億円を稼がなければならない。そんな彼が挑むのは、裏カジノの目玉となる当たれば10億円以上というモンスターマシン「人喰い沼」。仲間と手を組み命懸けのゲームに挑みます。

柿澤さんの役どころは、帝愛グループの裏カジノの店長で一条聖也(伊勢谷友介)を支える、主任の村上保(たもつ)。かなりのシーンで伊勢谷さんの横に存在し、また台詞もなかなか多かったので主役じゃなくても見ものです。

劇団四季出身

上記でも書いていますが、柿澤勇人さんは誰もが憧れるそしてなかなか入団することが出来ない『劇団四』に所属していました。劇団四季時代の活躍ぶりは下記の通りです。

  • 『ジーザス・クライスト=スーパースター 』 アンサンブル
  • 2008年 『人間になりたがった猫』ライオネル 役
  • 2008年 『ライオンキング』 シンバ 役
  • 2009年『春のめざめ』 メルヒオール 役

劇団四季を退団されてからも舞台出演をし活躍されています。気になる方はwikiをご覧下さい。

家族構成が凄い

柿澤さんのご家族は、祖父清元榮三郎さんといって三味線奏者、曾祖父は清元志寿太夫さんで浄瑠璃の語り手で活躍されています。また、ともに人間国宝であるという。まさにサラブレッドですね。

芸の厳しさを知る家族だからこそ、当初は劇団四季に入団することに反対していたのでしょうね。「サッカーで日本代表になって活躍するよりも難しい」と猛反対されていたようですから。

まとめ

柿澤勇人さんは、実力ある俳優さんですので今後も活躍されていかれるでしょう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク