シシドカフカ、ドラムのレベルは低い・高いの?特徴な前髪・裸足の理由?法律相談事務所に出演


シシドカフカ、ドラムのレベルは低い・高いの?特徴な前髪・裸足の理由?法律相談事務所に出演
出典元:インペリアルレコード公式サイト

【シシドカフカ ドラム レベル 低い 高い 特徴 前髪 裸足 法律相談事務所 出演】

シシド・カフカさんは。あのプリッツのCMで一躍知名度が上がり話題になった美女です。また女優の栗山千明さんに似ているとしても有名です。そんな彼女について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

シシド・カフカ プロフィール・経歴

【芸名】シシド・カフカ(ししど かふか)
【本名】宍戸佑名(ししど ゆうな)
【出身】メキシコ(アルゼンチン育ち)
【生年月日】1985年6月23日
【身長】175
【血液型】
【好きなアーティスト】山口百恵
【その他】インペリアルレコード所属

ハーフのイメージが強い彼女ですが実は両親はどちらも日本人だそうです。ただ生まれはメキシコで、その後小学校までを日本で過ごし、12歳から2年間はアルゼンチンに住み、その後、再び日本に戻り住んでいたようです。

そんなシシド・カフカさんがドラムを始めたのはアルゼンチン在住の時だという。その後日本に帰国し、高校時代からバンドをはじめ、大学時代に8つのバンドを掛け持ちしていたようです。

そして、19歳の頃からプロドラマーとしてまたモデルとしての活動も同時に開始したそうです。そして20歳の頃に、ボーカルとしてスカウトされデビューを目指しライブなどを行っていったそうです。

しかしそう簡単にはデビューできなかったようで、アルバイトをしながらの生活を続けていたそうです。そして、アドバイスを受けて現在の「歌いながらドラムを叩くスタイル」にしたところ業界の人に目が留まってデビューするまでになったそうです。

デビューをきっかけにシシド・カフカという芸名にするのですが、名前の由来はコピーライターの渡辺潤平さんが、彼女がいつも黒い服を着ていたことからカラスをイメージし、チェコ語でコクマルガラスという意味の「カフカ」と名付け、【シシド・カフカ】となったようです。

そんなシシド・カフカさんですがイラストや書道が得意で、バーニーズ・ニューヨークの広告デザインをしていたり、雑誌『BARFOUT!』書道の連載ページを持っていたりと多才ぶりを発揮されて活躍されています。

ドラムのレベルは低い・高いの?

シシド・カフカさんのドラムが下手だという噂がネット上などで広がっているようですがはたしてどうなんでしょうね?結論から言うと下手ではないと思います。

そもそもデビューする前は、ダイヤモンド・ユカイさんのサポートドラムもしていたといいます。まず下手ならデビューどころかプロのパフォーマンスのアシスタント役も無理でしょう。

彼女は世界的なドラマーが師匠で環境的にも恵まれ、また才能もあったと言われています。そして「ドラムを歌いながら叩く」というスタイルを確立させました。

ドラムを叩きながら歌を歌うなんて、才能の一つですしあのCM「ポッキー」を見れば下手だなんて思いませんよね?下手と疑うのが恥ずかしいほどの実力の持ち主だと思いますがね。

どの業界にも上には上がいるように彼女より上の人はゴロゴロといるでしょう。その辺りはドラムのプロにしかわからないと思います。そういった事で下手上手いの噂が浮上するのでしょうね。

特徴な前髪・裸足の理由?

シシド・カフカさんは、特徴的な前髪をしていて真似したい・憧れている女性も多数いるという。気になるあの前髪はエクステをいれこんでいるようですよ。

ドラムを叩く際は常に裸足でプレイをされています。それには理由があって、最高に演奏するためのこだわりだという。どんな靴を履いていても、脱げば裸足で同じ条件で叩けるという。

法律相談事務所に出演

2014年6月29日(日)21時〜テレビ『行列のできる法律相談事務所』にシシド・カフカさんがゲスト出演されます。「腕あり芸能人がプロの実力を見せつけますSP」ということなので、シシド・カフカさんのドラムが聞けそうな感じですね。また、どのようなトークをされるか見ものですね。

まとめ

ミステリアスなイメージのシシド・カフカさんの今後の活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク