坪田信貴のwikiや経歴 教え子さやか(画像)の現在は?本の表紙の真相


坪田信貴のwikiや経歴 教え子さやか(画像)の現在は?本の表紙の真相
出典元:坪田信貴amebaブログ

【坪田信貴 wiki 経歴 教え子 さやか 画像 現在 本 表紙 真相】

坪田信貴さんは「学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40上げて慶応大学に合格した話」の著書で一躍有名になりました。そんな彼について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

坪田信貴 プロフィール・経歴

学歴や年齢は?
公表することによって偏見を防ぐために公開していないようです。理由は「だれでもできる。」ということを体現されたいそうなのです。頭がいい人は考えることも違いますよね。既に心を掴まれているような感じです。

・仕事
名古屋にある、個人個別指導塾 青藍義塾の代表取締役・塾長。
学校法人 大浦学園理事長。
自らも生徒指導を教育する教育者である。
また、IT企業など複数社を起業しその経営者でもり、英会話力(TOEIC990点・満点)が凄い。心理学を使った指導法により短期間で生徒の成績上げることで評判となっています。

坪田さんの出身は九州の田舎で、お寺の跡継ぎとして生まれ、お寺の住職が宿命だったとありましたが宗教には全く興味がなく哲学・心理学が好きだったようです。

坪田信貴さんの、詳しい情報(趣味や好きなもの)は自身のブログに詳しく書かれてありますので興味のある人はどうぞ見てください。

ブログはこちらです

坪田さんが塾長である「青藍義塾」のモットーは学習心理学を応用し、生徒達にやる気を出させ、成績アップをはかる、といったもの。なるほど、坪田さんの得意分野とする心理学が応用されているようです。

塾のHPはこちらです

塾長・会社経営・そして今回は作家とやはり頭がいいと得ですよね。成功の秘訣をぜひお聞きしたいものですね。

教え子さやか(画像)の現在は?

ビリでギャルだった子さやかさんと言います。偏差値30だったのに1年で偏差値70まで上げて慶応大学に合格しました。そんなさやかさんの当時は、某私立女子校に通っていて成績は学年でビリ。「聖徳太子」のことを「せいとくふくこ」と呼んでみたり、日本列島を一つの島だと思っていたほどのお馬鹿さんでした。

通っていた女子校はエスカレーター式で大学に進学できるどころか、さやかさんの成績では内部進学は難しかもしれないという状況でした。そのようなこともあり外部進学を目指すことになります。

そして、母の勧めで坪田信貴さんの「青藍義塾(せいらんぎじゅく)」へと通い始めることになりました。日頃のさやかさんの努力と、指導していた坪田先生の努力もあって難関大学に合格されました。

現在は、都内のウェディング関連の企業で働くキャリアウーマンでメディアのまえにも姿を現していたそうです。

画像は、「偏差値30 ギャル さやか 画像」と検索すると見れますので気になる方は見て下さい。

本の表紙の真相

本の表紙の金髪の女性は、実はさやかさん本人ではありません。なんでもさやかさんが通っていたのはお嬢様学校で、髪を染めるなんてことは言語道断、化粧なんてありえない!といった校風です。

その高校の卒業アルバムをマスコミ関係者が探していて、写真がばれてしまう前に自分からテレビの前にでよう。と思ったそうなんです。品があってきれいなお方です。とてもギャルだったとは思えないですね。

ちなみにこの本は、30万部突破だって、凄いですよね〜。

まとめ

人間やれば出来るんだと改めて思いました。人生というものを考えさせられるいい機会になりました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク