立見里歌、息子を慶應に入学させた教育ママっぷり?夫がいたが離婚?!


立見里歌、息子を慶應に入学させた教育ママっぷり?夫がいたが離婚?!
出典元:ヴァーテックス公式サイト

【立見里歌 息子 慶應 教育ママ 夫 離婚】

1985年、フジテレビの人気番組『夕やけニャンニャン』から誕生した女性アイドルグループ・おニャン子フラグ。そのメンバーであった立見里歌さん(会員番号15番)について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

立見里歌 プロフィール・経歴

【芸名】立見里歌(たつみ りか)
【出身】東京都多摩市
【生年月日】1965年11月14日
【学歴】東海大学政治経済学部
【その他】ヴァーテックス 所属

東海大学1年生の時に、コンテストで優勝し、ミス東海大学となる。これがキッカケで、フジテレビの『オールナイトフジ』のスタッフより声がかかる。オーディションを受けるが、出来レースであったため通過したそうです。

そして大学在学中に『オールナイトフジ』の「オールナイターズ」として活躍。「それでは、コマーシャル」と言うべきところがどうしても「コマシャール」になってしまったというエピソードも。

その後、1985年4月19日に『夕やけニャンニャン』の「ザ・スカウト アイドルを探せ!」で史上最高の142点で合格し、おニャン子クラブの「会員番号15番」となる。

以後、おニャン子のメンバーとして活躍し、また異色コンビ『ニャンギラス』のメンバーとしても活動されていました。

『ニャンギラス』のメンバーは立見里歌さん・樹原亜紀さん・名越美香さん・白石麻子さんの4人グループです。

夫がいたが離婚?!

1987年4月5日におニャン子クラブを卒業後ポニーキャニオンに入社されました。名古屋支社に勤務していて、後輩である工藤静香さんのイベントにも関わった事があるそうです。

1991年に青年実業家と結婚し退社1児の母となりますが、長男の子育てが一段落した01年に「生産性のない主婦だけの人生ではつまらない」と仕事に復帰

フリーデザイナーで活動しながら、『とらばーゆ』を見て、エイベックスを受けたそうですが、残念ながら最終選考で落ちてしまったという。そんなときに、知人が編集プロダクションを紹介してくれたそうです。

忙しく働いていても長男の世話は手抜きナシだったそうです。前日、仕事で帰りがどんなに遅くなっても、朝食と弁当は必ず作っていたほど。息子さんを溺愛されているのでしょうね。

仕事に育児と頑張っている立見さん、当然夫婦関係も円満かと思いきや残念なことに離婚されているようで、現在は独身だそうです。まぁ、人それぞれ色々な人生がありますものね。

息子を慶應に入学させた教育ママっぷりとは?

立見さんは息子に小学校からお受験させて、そのまま同じ私立に通っているそうです。そんな息子さんも今では大学生というから月日が経つのも早いですね。その大学というのが慶應大学と言われています。

昔はお馬鹿キャラだった立見さん、実は頭がいい・やり手な人だったのでしょうかね。さぞかし教育ママっぷりを思う存分に発揮していたのかと思いきや、立見さん曰く、「私は教育ママじゃなく、息子が将来、やりたいようなことをやれる環境を整えてあげたいんです。」と言われていました。いい母親の象徴ですね。

息子さんとは友達みたいな関係で、週末にはよくふたりで食事に出かけたりするようで仲がいいみたいですよ。いい親子関係が築けて何よりですね。

まとめ

今後の立見里歌さんに注目したいきたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク