アノーラ、ガキ使で評判に ウズベキスタンの売れっ子歌手で言語を操る才女 内村とザワつく夜に出演


アノーラ、ガキ使で評判に ウズベキスタンの売れっ子歌手で言語を操る才女 内村とザワつく夜に出演
出典元:ANoRA オフィシャルウェブサイト

【アノーラ ガキ使 評判 ウズベキスタン 歌手 言語 操る 才女 内村とザワつく夜 出演】

ANoRA (アノーラ)は、ウズベキスタン歌姫です。日本が大好きだという彼女について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ANoRA アノーラ プロフィール・経歴

【芸名】ANoRA (あのーら)
【本名】シャフノーザ
【出身】ウズベキスタン
【生年月日】1988年4月24日
【身長】164
【体重】55
【趣味】アニメ・マンガ
【特技】歌・ダンス

2004年16歳ウズベキスタンで歌手デビューを果たす。2006年には、日本語の歌詞で曲を出し、その後、2010年で日本とウズベキスタンをつなぐ親善大使となりました。また、この年に、日本デビューもしている。

日本のことがすごく好きだとういうアノーラは、好きな芸能人に宇多田ヒカル・伊藤由奈・アヴリル・ラヴィーン・ASIAN KUNG-FU GENERATIONだという。また好きな日本料理は、すき焼き・牛丼・うめぼし・納豆だそうですよ。

日本デビューに向けて、日本語を勉強したり親近感を持ってもらう為にアピールとして日本が好きと言ってるのではなく、現地の大学では日本語文学部、4年以上は日本語を勉強しているなどホンモノの日本好きです。

全く文字も発音も母国語とは全く違う日本語をこれだけ勉強している歌手は、そうそういないそうです。

日本のテレビでは、TBS『世界のみんなに聞いてみた』では、本名のシャフノーザでレギュラー出演しているようです。また公式サイト・本人のブログもありますので気になる方は見て下さい。

  • ANoRA公式サイト

ウズベキスタンの売れっ子歌手で言語を操る

アノーラは、ウズベキスタンでは上位チャートにいる歌手です。中央アジアの歌姫としてウズベキスタン国内でウズベク語・タジク語・ロシア語などで歌っている。

母国では日本語学科の学生だったので、日常会話程度は十分話すことができる。また2005年には福岡県に研究プログラムの為1ヶ月間留学していた経験もある。

母国語のウズベク語を含めロシア語・英語・日本語を話すことができる才女なのです。

ガキ使で評判に

年末恒例となっているダウンタウンのガキ使いの『笑ってはいけない』シリーズで、俳優・松方弘樹さん扮する長官にワインをもってきた女性がアノーラさんです。この時、テレビを見ていた人から「あの綺麗な人は?」というのが殺到したそうです。

出演時間にしたらそうそう長くありませんが、綺麗だし何かピンとくるものが視聴者の皆さんにあったのでしょうかね。

内村のザワつく夜に出演

2014年7月15日(火)21時00分〜テレビ『内村とザワつく夜【日本の良いところ、外国人の方が知ってるぞSP】』にアノーラさんが出演されます。また前回のように、「あの可愛い人は誰?」が殺到しそうな予感です。

日本が好きな外国人達が日本人では気づかない日本の良さを大発表。外国人が「自分も日本人ぽくなったなあと思った瞬間」や「想像していたのと違った日本」を再現VTRでお届けするという。アノーラさんの日本での出来事トークが楽しみですね。

まとめ

徐々にではありますが知名度が上昇しています。今後、活動の場を広げて活躍されていかれるでしょうね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク