岡山天音、家族狩りで家庭内暴力する実森勇治役で熱演 素顔は?


岡山天音、家族狩りで家庭内暴力する実森勇治役で熱演 素顔は?
出典元:ユマニテ公式サイト

【岡山天音 家族狩り 家庭内暴力 実森勇治役 熱演  素顔】

岡山天音さんは、話題作の『リアル鬼ごっこ』や『半沢直樹』などに出演していて今後の活躍が期待されている俳優さんです。そんな岡山さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

岡山天音 プロフィール・経歴

【芸名】岡山天音(おかやま あまね)
【出身】東京都
【生年月日】1994年6月17日(2014年時点:20歳)
【身長】175
【趣味】絵を描くこと・歌・ヒップホップダンス
【その他】ユマニテ所属

2009年に芸能界入りをします。代表作品は『中学生日記 転校生シリーズ(1)〜少年は天の音を聴く〜』で俳優デビュー。主演を努められた。

2011年からは、映画・テレビなど多数出演し活躍している。『犬とあなたの物語 いぬのえいが』、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』、フジテレビ『大切なことはすべて君が教えてくれた』などに出演。

2009年からまだ3年ほどしか経過していないのに多数出演するということはやはり岡山さんの独特の雰囲気や演技に定評があるからなんだと思いますね。

家族狩りで家庭内暴力する実森勇治役で熱演

7月4日(金)よる10時からスタートしている新ドラマ『家族狩り』は、直木賞作家・天童荒太さんのベストセラー小説の初映像化で重厚なサスペンスです。また2014年現在、文庫の売り上げは120万部を突破しているという。

『家族狩り』は連続して起こる家族を狙った殺人事件をメインに、登場人物たちそれぞれの心の葛藤を描いています。

あらすじ (出典元:TBSテレビ)
高校教師・巣藤浚介は、恋人と家庭をつくることに強い抵抗を感じていた。馬見原光毅警部補は、ある母子との旅の終わりに、心の疼きを抱いた。児童相談センターに勤める氷崎游子は、虐待される女児に胸を痛めていた。

女子高生による傷害事件が運命の出会いを生んだ。そして、悲劇によって結ばれた人びとは、奔流のなかで、それぞれの生に目覚めてゆく。人間の醜さ、哀しさ、気高さ――、そのすべてを描く、天童荒太の代表作。

気になる岡山さんの役どころは学校に行かずに引きこもっている生徒役です。そして第4話で、家で暴れている役を熱演されるようです。ただただ暴れているだけではなく難しい役でしょうね。岡山さんの演技は見どころだと思います。

キャスト

  • 松雪泰子(氷崎游子)・・・東京都児童ケアセンターの児童心理司。
  • 遠藤憲一(馬見原光毅)・・・警視庁捜査一課の警部補。
  • 伊藤淳史(巣藤浚介)・・・桐明学院高校の美術教師。
  • 北山宏光(鈴木渓徳)・・・巣藤浚介の元教え子
  • 篠田麻里子(石倉真弓)・・・馬見原の娘。
  • 山口紗弥加(清岡美穂)・・・高校の国語教師。恋人は巣藤(伊藤)。
  • 平岡裕太(椎村栄作)・・・刑事。馬見原(遠藤)の部下。
  • 水野美紀(冬島綾女)・・・元夫はDVのため刑務所へ。
  • 財前直見(山賀葉子)・・・電話相談所のボランティア。

豪華キャスティングで見応えありですね。

素顔は?

岡山さんは、20歳の青年ということでやはり恋愛・友達関係って気になりますよね?恋愛についてはこれといった噂やスクープはありませんでしたし、ネット上でも浮上していませんでした。しかしながら、まだこれからの人なので今以上に知名度がグッと上がれば、スクープされることもありうるでしょうね。

また、仲のいい俳優友達として、山崎賢人さんが菅田将暉さんと岡山さんとよく遊んでいる。っていうことを明かされていたので3人は仲がいいってことでしょうね。

どんな感じか想像がつきませんが、近い年代ということで話など合うのでしょうね。

まとめ

岡山天音さんは、演技にすごく定評があるのでこれから活躍していく人だと思います。頑張って下さい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク