裕木奈江の現在は海外でも活動 結婚・離婚をへて再婚の可能性は?秋元康との関係性は?硫黄島からの手紙に出演


裕木奈江の現在は海外でも活動 結婚・離婚をへて再婚の可能性は?秋元康との関係性は?硫黄島からの手紙に出演
出典元:YAHOO

【裕木奈江 現在 海外 活動 結婚 離婚 再婚 秋元康 関係 硫黄島からの手紙 出演】

女優の裕木奈江さんと言えば一時は主役を張るほどの人気でしたが「生意気」「媚びてる」などとマスコミや視聴者からバッシングを受け、だんだんとテレビから見かけなくなり事実上干されていました。そんな裕木さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

裕木奈江 プロフィール

【芸名】裕木奈江(ゆうき なえ)
【本名】田澤奈江(たざわ なえ)
【出身】神奈川県
【生年月日】1970年5月12日
【その他】劇書房 所属

経歴・現在は海外でも活動

1980年代に映画女優としてデビューする。その後1990年代になってじわじわと人気が出て、ドラマ・CM・歌番組などテレビ番組で活動し、ラジオ番組の『オールナイトニッポン』のパーソナリティを勤めた。

1992年、ドラマ『北の国から』では衝撃的な内容で脚光を浴びる。

1993年、主演したドラマ『ポケベルが鳴らなくて』を出演したのち色々とトラブルがあって、それが原因なのか週刊誌で「男性に媚びる、同性に嫌われる女性」として取り上げられました。

以後、週刊誌やワイドショーなど各方面から同じようにバッシングを受け、芸能界から干された状態になっていた。

1997年 所属事務所『IMADOKI』倒産のあおりを受け『コムスシフト』に移籍、これを機にアイドル業から女優業へとシフトし、古巣であった映画界や、舞台を中心に活動する。

1999年 写真集『UNRELEASED FILMS』では初のオールヌードを披露した。

2001年 映画『光の雨』では、永田洋子をモデルとする冷酷非情な新左翼幹部を演じ、その演技力が話題となりました。 そして形跡を認められたかのように、2004年9月 文化庁の在外研修生としてギリシャに一年間国費留学する。

2006年4月クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に「NAE」名義で出演。以降ハリウッド映画出演時はこの名を使用。 2006年7月日本で舞台『無頼の女房』に出演。作家坂口安吾の妻役。

2007年デイヴィッド・リンチ監督の最新作『インランド・エンパイア』に出演。 そして一番最近の活動は、2012年伊勢谷友介監督の映画『セイジ 陸の魚』に出演しています。

上記から、現在も引退せずに日本と海外とで活動されているようですね。

結婚・離婚をへて再婚の可能性は?

1999年ヘアメイクアーティストと結婚しアメリカのロサンゼルスに移住します。しかし、2009年離婚されました。離婚して子供もいないようなのでマイペースで芸能活動をしているようです。

現在、熱愛報道やスクープされた形跡もないようなので今のところ再婚はないと考えていいでしょう。年齢的にも今後もしかしたら、電撃再婚もあるでしょうね。

秋元康との関係性は?

裕木奈江さんが干された原因として秋元康さんの名前がネット上で浮上しています。噂なのでどこまでが真実なのかはわかりませんがね。

裕木さんはドラマ『ポケベルが鳴らなくて』に主演します。このドラマの主役に選ばれたのは秋元康さんが彼女のファンだったからだと言われています。

しかし、秋元さんのいわゆる男女(今でいう枕営業かな?)の関係を拒否したため本来、主題歌も裕木さんが歌うはずだったはずが、秋元さんが売り出していた国武万里さんに交代したと言われています。

さらに、秋元さんが裕木さんの悪口を広めたということで、以後、裕木さんへのバッシングは女性からの反感もかい、週刊誌などを中心に大きなものになっていきます。

結果、裕木さんはテレビに出れなくなり「干された」状態になってしまったということです。芸能界って怖いんだなと感じますよね。

硫黄島からの手紙に出演

裕木さんは、2006年に公開された『硫黄島からの手紙』に出演しています。嵐・二宮和也さん演じる西郷一等兵の妻・西郷花子役を演じられています。

召集令状が届いて「私は主人しかいません。お腹には子供いるので勘弁してください。」という場面と夜の別れの場面とで2シーンのだったと思います。

別れの場面で子供を宿したお腹に耳をあてながら、まだ見ぬ子供へ語りかけるシーンは泣かせどころだったような気がしました。

まとめ

実力ある女優さんなので、今後も色々な作品に出演してほしいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク