宮澤美保、素顔はバイクが趣味な女性で書道家としての顔も STに出演


宮澤美保、素顔はバイクが趣味な女性で書道家としての顔も STに出演
出典元:ケイエムシネマ企画公式サイト

【宮澤美保 素顔 バイク 趣味 書道家 ST 出演】

宮澤美保さんは、以前ドラマ『イブの夜はドラマやん!~真実のキス~』でチュートリアル・徳井義実さんと共演し話題になりました。そんな宮澤さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

宮澤美保 プロフィール・経歴

【芸名】宮澤美保(みやざわ みほ)
【出身】長野県
【生年月日】1973年12月25日
【身長】168
【趣味】バイク・パソコン・犬と遊ぶこと
【特技】書道・手作りすること
【学歴】亜細亜大学短期大学部卒
【資格】普通自動車・大型二輪
【免許】書道師範
【その他】ケイエムシネマ企画 所属

1990年、映画『櫻の園』で準主役となる城丸香織役を演じ、スクリーンデビュー。以降、数多くの映画やドラマ・CMなどに出演する。

2002年、俳優仲間と共に制作・出演した舞台で初めて脚本を担当する。2005年、共同執筆で映画『苺の破片』を制作し、企画・脚本・主演を務めた。現在もマルチな才能を活かし他方面で活躍されています。

宮澤美保公式サイト こちら

素顔はバイクが趣味な女性

上記、主演映画『苺の破片』をきっかけオートバイに目覚め、大型自動二輪免許を取得し今では趣味がオートバイだそうです。バイク雑誌にコラム連載歴もあるそうです。

〜連載〜
2005〜2008年 宮澤美保のバイクは起こせません(『Mr.Bike(ミスターバイク)』)

2009年、HONDAの中型バイク『VTR250』のCM・プロモーションムービーのメインキャラクターに抜擢される。

書道家としての顔
特技は6歳から始めた書書道師範の資格と「宮澤光華」の雅号を持つほどである。

2011年、「宮沢光華」名義で書家として本格的な活動をスタート。個展の開催や作品販売サイト『一華堂』を立ち上げる。近年は、映画・舞台などの題字制作や作品制作、販売の傍ら、Youtube内に動画『一華堂チャンネル』を作り、ショートムービー『一華堂シアター』を配信する。

宮沢光華(書道家として)活動 こちら

STに出演

2014年8月20日(水)22時〜テレビ『ST赤と白の捜査ファイル』第6話に宮澤美保さんが出演。夫が医療ミスで死亡したと疑って訴訟を起こした妻(真紀)を演じます

STの内容も面白そうですが宮澤さんの演技にも注目ですね。

まとめ

徐々にではありますが、今後もマルチに活躍していかれるでしょうね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク