ジェームズ・マカヴォイ、ウォンテッドでウェスリー役 彼の素顔とは?


ジェームズ・マカヴォイ、ウォンテッドでウェスリー役 彼の素顔とは?
出典元:YAHOO!

【ジェームズ・マカヴォイ ウォンテッド ウェスリー役 彼 素顔】

ジェームズ・マカヴォイさんは、映画『ナルニア国物語』で国際的に知られるようになり一躍人気者に。そんなジェームズさんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ジェームズ・マカヴォイプロフィール・経歴

【本名】James McAvoy(ジェームズ・マカヴォイ)
【出身】スコットランド
【国籍】イギリス
【生年月日】1979年4月21日
【身長】170

グラスゴーにて、建築業者の父親と看護婦(エリザベス)の母親のもとに生まれる。しかし7歳の時に両親が離婚し、祖父母のもとで育つ。姉妹がいてジョイは歌手。

カトリック系の学校を卒業後、ロイヤル・スコティッシュ・アカデミーで演技を学ぶ。

1995年に映画『The Near Room』でデビュー。20歳の時にロンドンに移る。主にイギリス国内のテレビや舞台で活躍してきた。

2005年公開の『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』のタムナスさん役国際的に知られるようになる。この年の「英国アカデミー賞」ライジング・スター賞を受賞する。

2006年には『ラストキング・オブ・スコットランド』で「英国アカデミー賞」 助演男優賞・「ヨーロッパ映画賞」主演男優賞にノミネートされる。

2007年公開の『つぐない』で「ゴールデングローブ賞」 主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされ、ロンドン映画批評家協会賞英国主演男優賞を受賞した。

2008年には『ウォンテッド』でハリウッド大作に主演。

ウォンテッドでウェスリー役

あらすじ
仕事もプライベートも冴えない青年ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)の前にある日、謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)が突然現れる。

彼女は、ウェスリーの亡き父が秘密暗殺組織「フラタニティ」をけん引する凄腕の暗殺者だったと語る。父亡き今、ウェスリーは組織を継承する立場にあると言い、暗殺者としての潜在能力を覚醒させるため、フォックスの下で特訓を受けることになるウェスリー。果たしてどうなるのか?

キャスト

  • ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)
  • スローン(モーガン・フリーマン)
  • フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)
  • ペクワースキー(テレンス・スタンプ)
  • クロス(トーマス・クレッチマン)
  • ザ・ガンスミス(コモン)
  • キャシー(クリステン・ヘイガー)
  • ザ・リペアマン(マーク・ウォーレン)
  • Mr. X(デヴィッド・オハラ)
  • ジ・エクスターミネーター(コンスタンチン・ハベンスキー)
  • ザ・ブッチャー(ダト・バフタゼ)
  • バリー(クリス・プラット)
  • ジャニス(ローナ・スコット)
  • プジャ(ソフィヤ・ハキュエ)

監督/ティムール・ベクマンベトフ

日本語吹き替え版の、ウェスリー役にはDAIGOさんが声優しています。

素顔とは?

2006年10月にドラマで共演した女優のアンヌ=マリー・ダフさんと結婚する。彼女は1970年生まれのジェームズさんより9歳上のいわゆる姉さん女房です。

そして2010年6月には待望の息子・アンドリュー君が誕生し、幸せな家庭を築いています。

また大のサッカー好きで、セルティックFCのファンであり、2006年のUEFAチャンピオンズリーグでは出席していたトロント国際映画祭を抜けてパブに試合を観に行ったほどである。(当時在籍中の中村俊輔さんの決勝ゴールを目にしているという)

かつての名選手ジミー・ジョンストンを演じるのがだと語っていたそうです。

まとめ

若手実力派として有望視された俳優さんです。今後、活躍されること間違いないでしょう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク