川上大輔、女性のような声が特徴で歌謡界の王子様 大御所も絶賛する


川上大輔、女性のような声が特徴で歌謡界の王子様 大御所も絶賛する
出典元:グッデイ公式サイト

【川上大輔 女性 声 特徴 歌謡界 王子様 大御所 絶賛】

川上大輔さんは、綺麗な歌声と端正な容姿で、「ビジュアル歌謡の新星スター」としてすでに大きな注目を集めています。そんな彼について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

川上大輔 プロフィール・経歴

【芸名】川上大輔(かわかみ だいすけ)
【出身】東京都
【生年月日】1984年11月12日
【身長】180
【体重】66
【血液型】O
【その他】グッデイ 所属

2013年2月6日にデビューシングル日本歌謡の『ベサメムーチョ』をカバー。2013年10月9日、自身初のオリジナル作品となるセカンドシングル『アモーレ・アモーレ』をリリース。

オリコン シングル演歌・歌謡ウィークリーランキング初登場第1位、シングル総合ウィークリーランキングでも初登場第26位にランクインしました(10/21付)。

2014年2月19日、サードシングル『言葉に出来ない男です』が、テレビ東京系「金曜8時のドラマ 三匹のおっさん~正義の味方、見参!!~」の主題歌に起用される。

2014年2月末、「第28回日本ゴールドディスク大賞 ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト」を受賞。

2014年3月19日、セカンドアルバム『パシオン ~言葉に出来ない男です~』を発売。

2014年6月1日、初のワンマン・コンサート『FIRST IMPACT ~川上大輔LIVE2014~』をヤクルトホールで開催。一般発売がスタートするなりチケットが瞬時に完売したという

2014年6月より、BSフジ『beポンキッキーズ』にレギュラー出演している。

〜音楽との出会い〜
幼稚園からピアノを習っていたそうで、小学生の時にピアノの先生にメロディラインを歌わされて「あー」と声を出したのが初めて歌った記憶だそうです。

その後、大学在学中にプロの歌手になることを決意する。卒業後は、歌の修業を重ねてきたという。昭和歌謡の名曲との出会いから、自分が日本のことをよく知らなかったことに気付き、改めて自分が日本人であることを自覚することができたそうです。

女性のような声が特徴で歌謡界の王子様

川上大輔さんの歌声を初めて聞いた方は、だいたい女性と間違うほど綺麗な声で魅了されるのは間違いないと言わているほどです。2013年にデビューした川上さんは瞬く間に中高年女性のハートをゲットします。

色白でスラっとしたスタイル、涼しげな流し目の目元が印象の顔立ち、ハイトーンボイスに、ムーディな曲、激しいダンスで、どれもが魅力いっぱいで、K-POPファンの方たちをも巻き込みデビュー1年足らずで不動の人気となりました。

特に「韓流スターのような容姿」「礼儀が正しい」「実力」「男前」「歌謡曲」といった要素が中高年女性に大ヒットしたようで歌謡界の王子様的な存在となりました。

また、一躍有名にした3枚目のシングル『言葉に出来ない男です』は、ドラマ『三匹のオッサン』の主題歌にも採用されたため、一気にブレイクしました。

2014年の紅白歌合戦の最有力候補になってもおかしくないくらいの勢いです。

大御所も絶賛するほど

川上大輔さんの応援団には各界の超大御所が名を連ねているようです。桂銀淑さんの名曲をカバーしたデビューシングル『ベサメムーチョ』の発表会には、昭和から活躍している俳優の梅宮辰夫さん夫妻が駆け付けたそうです。

そんな梅宮さんは彼に対し、「大輔は往年の昭和のスターの薫りがしますね。日本の芸能界を背負うスターとして活躍を期待しています。」と激励したそうです。

また、読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄さんは、自身の「喜寿」と「国民栄誉賞受賞」を祝う会に川上さんをゲストに招いたそうですよ。凄いですね。

川上さんが『ベサメムーチョ』やセカンドシングル『アモーレ・アモーレ』を熱唱するのに合わせていっしょに歌い、力強く握手を交わしたという。

一方、『踊る!さんま御殿!!』『メレンゲの気持ち』なども担当する、放送作家の山田美保子さんも大の大の川上さんファンで知られているそうです。

実力があるのはもちろんのこと支えてくれるファンが沢山いますと安心ですね。それに大御所の方たちにも気に入っていただけると力強いですね。

まとめ

川上さんの今後の活躍ぶりに目がはなせませんね。頑張って下さい!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク