網浜直子、旦那は三四郎(画像)でこんな人で子供が2人 交友関係は?


網浜直子、旦那は三四郎(画像)でこんな人で子供が2人 交友関係は?
出典元:ハーキュリーズ

【網浜直子 旦那 三四郎 画像 こんな人 子供 2人  交友関係】

網浜直子さんは、猫顔のセクシーな女性で世の男性は虜になっていた人も多いはず。そんな彼女について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

網浜直子 プロフィール・経歴

【芸名】網浜直子(あみはま なおこ)
【本名】秦 直子(はた なおこ、旧姓・網浜)
【出身】兵庫県
【生年月日】1968年8月12日
【身長】162
【血液型】O
【趣味】ゴルフ
【資格】日本野菜ソムリエ協会「ジュニア・アスリートフードマイスター」
【その他】ハーキュリーズ 所属

1984年に『ミス・セブンティーンコンテスト』で18万325人(応募総数歴代最大)の応募者の中から松本典子さんとダブルでグランプリを獲得しました。

翌1985年、デビュー作となる映画『バローギャング・BC』でシブがき隊と共演。

以降、映画『ビーバップ・ハイスクール高校与太郎完結編』『仁義なき野望』、ドラマ『愛という名のもとに』・『温泉へ行こう』・『同級生』・『ママまっしぐら!』など数多くの作品に出演しています。

1985年には『竹下涙話』で歌手としてもデビューする。当時のキャッチフレーズは「ちょっと変な女の子」。

1992年、同じ事務所の飯島直子さんとデュオ「W-NAO」(ダブル・ナオ)を結成し、シングル『孤独のRunaway』アルバム『W-NAO』などをリリースする。

旦那は三四郎で子供が2人

網浜直子さんは、1998年タレントの松山三四郎さんと「ものまねバトル大賞」で共演したのがきっかけで結婚しました。そして2001年には男児を出産。2014年現在は、子供さんは2人いるそうです。

三四郎(さんしろう)さんはこんな人
芸名である「三四六」は柔道の姿三四郎にちなんでとされており、現在の所属事務所移籍時に松山三四郎から改名。この松山は松山千春さんから千春の物真似の実力を認められ直々に命名されたものだったそうです。

大学在学中の1994年テレビの『史上最強ものまねバトル大賞』の素人選手権で優勝し芸能界デビューをする。同年に「オールナイトニッポン」のパーソナリティをつとめ、同時にラジオパーソナリティとしてもデビューする。

1998年4月にスタートしたTOKYO FMの「エモーショナルビート」のパーソナリティを任され人気番組に押し上げ、ブレイクする。

現在は、ものまねタレント・ラジオパーソナリティ以外に長野大学社会福祉学部客員准教授としての顔もありマルチに活躍しています。

三四郎 画像 こちら

交友関係は?

同期の中山美穂さん・森下恵理さん・斉藤さおりさんとは親友だったそうです。また今でも仲はいいそうです。また、デュオを組んでいた飯島直子さんとも仲がいいみたいですね。

ちなみに、『ミス・セブンティーンコンテスト』同期には国生さゆりさん・渡辺美里さん・工藤静香さん・斉藤さおりさんなどがいたそうです。そうそうたるメンバーですね。

まとめ

また、網浜直子さんが復活しテレビに出演することが多くなりそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク