生稲晃子、結婚して旦那も子供もいる どんな人? 島田紳助との秘話


生稲晃子、結婚して旦那も子供もいる どんな人? 島田紳助との秘話
出典元:プロダクション尾木公式サイト

【生稲晃子 結婚 旦那 子供 どんな人 島田紳助 秘話】

元おニャン子クラブでうしろ髪ひかれ隊のメンバーの一人だった生稲晃子さん。現在も芸能界で活躍しています。そんな生稲さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

生稲晃子 プロフィール・経歴

【芸名】生稲晃子(いくいな あきこ)
【本名】佐山晃子
【出身】東京都小金井市
【生年月日】1968年4月28日
【血液型】B
【学歴】恵泉女学園短期大学英文学科卒
【趣味】スポーツ観戦・節約・旅行・和装・ゴルフ
【その他】プロダクション尾木

1986年6月、テレビ『夕やけニャンニャン』内オーディションコーナーを経て、1986年6月13日に、おニャン子クラブの会員番号40番としてデビューする。

新ユニット「うしろ髪ひかれ隊」のメンバーに工藤静香さん・斉藤満喜子さんと共に抜擢される。1987年5月「うしろ髪ひかれ隊」は『時の河を越えて』でレコードデビュー。アニメ『ハイスクール!奇面組』の主題歌とエンディング曲に起用された。

1987年5月18日付のオリコンシングルヒットチャートで初登場第1位を獲得。音楽番組にも数多く出演し、順風満帆なスタートを切った。

1987年9月20日のおニャン子クラブ解散。しかし、「うしろ髪」としての活動はしばし続行された。しかし1988年4月をもって「うしろ髪ひかれ隊」の活動が休止

2001年以降は、女優・レポーター・司会などを中心に活動

ちなみに生稲晃子さんは、学生の頃から成績がよかったそうです。それは高校の時、芸能活動は禁止だったが、生稲さんの成績が非常に優秀であったため、「トップの成績を維持すること」と「大学を受験する事」の2つを条件に芸能活動が特別に許可されていたそうです。

結婚して旦那も子供もいる どんな人?

2003年にCM制作会社プロデューサー・佐山智洋さんと結婚しました。そして2005年10月、妊娠していることが判明し、2006年3月に第一子となる長女を出産。生稲さん曰く、妊娠中は、思っていたよりつわりがひどかったそうです。

2006年頃、生稲晃子さんは鉄板焼き屋を経営します。近年は、夫婦で経営し生稲さんも時間がある時には女将としてお店に顔を出すそうです。

お店は、「鉄板焼 佐吉」と言って有機野菜や黒毛和牛など、食材にこだわりながらも、良心的な価格で気軽に楽しめる店だそうです。

【店】鉄板焼き「佐吉」
【場所】東京都港区六本木7-9-3  CREST六本木B1F
【TEL】 03-6804-5355
【営業時間】月~土 18:00~翌日4:00
【定休日】日・祝

お店の詳細 こちら

島田紳助との秘話

島田紳助さんとはテレビ『クイズ仕事人』で共演していて、紳助さんは生稲さんに「このおニャン子の生き残りが」と言ってはよくからかっていたそうです。

紳助さんは工藤静香さんのファンで、うしろ髪ひかれ隊が『オレたちひょうきん族』に出演していた時、工藤さんを贔屓していたそうです。

生稲さんを押しのけて工藤さんに近づいたり、発泡スチロールに埋もれた中から工藤さんだけを助けたこと等を生稲さんに言われると紳助さんは「そんなん当たり前や」と答えていた。という。

しかし後年、生稲さんがソロで活躍し始めた頃に紳助さんから手作りのブローチをプレゼントされたそうです。

紳助さんは「手作りブローチをある女性にプレゼントした」というエピソードを名前は伏せながらも関西ローカル番組で語ったことがあるそうです。

恋愛感情というよりも、番組で共演し仲良くなりお祝いみたいな感じなのでしょうね。恋愛感情を抱いていたら番組内で言いませんものね(笑)

まとめ

年齢を重ねても昔と変わらずお嬢様のイメージで綺麗な生稲さん。今後も変わらず綺麗でいてほしいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク