歩りえこ、旅した数が凄い旅作家 素顔はこんな人 彼氏の存在は?

歩りえこ、旅した数が凄い旅作家 素顔はこんな人 彼氏の存在は?
出典元:歩りえこオフィシャルサイト

【歩りえこ 旅 数 凄い 旅作家 素顔 こんな人 彼氏 存在】

スタイル抜群でグラビアで活躍する一方で旅をするアイドルとして人気を博している歩りえこさん。そんな彼女について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

歩りえこ プロフィール・経歴

【芸名】歩りえこ(あゆみ りえこ)
【本名】非公開
【出身】東京都
【生年月日】1981年9月22日
【身長】160
【血液型】B
【学歴】清泉女子大学卒
【資格】着物着付け1級師範資格・タイ古式マッサージ師資格
【その他】よしもとクリエイティブエージェンシー所属

特技は英会話・着物着付・チアリーディング・ベリーダンス・水泳・短距離走だそうで趣味は世界旅行一人旅という。

歩りえこさんは、東京都育ちですが、3歳~9歳までの6年間は父親の転勤で宮城県仙台市で過ごしていた。

特技はチアリーディングで学生時代に全米選手権大会に出場。スカウトされ、デビューしてからもバスケットボールJBLやアメフトXリーグのチアリーダーとしても活動していた。また、芸能活動の傍らカフェの店員やバスガイドとしても働いていたそう。

2012年7月14日、自身の長年の夢だった世界一周本『ブラを捨て旅に出よう~貧乏乙女の世界一周旅行記~』を出版する。発売後わずか1週間で増版され、瞬く間に10版、3万部を越えるベストセラーとなった。

また、執筆には約3年を費やし、途中何度も挫折しそうになったがカフェよりも電車の中で書くとなぜか捗ることを発見し、主に本作は電車の中で執筆された。

英語力や行動力を発揮して国内外の国際教育プログラムや政府国際事業、ボランティアに積極的に参加するなど、芸能活動だけに固執し過ぎない側面を持っている。

現在は旅に関する執筆活動をメインに日本と台湾を行き来しながらレポーター、ラジオ、TVなど多方面で活躍をしている。

主な作品 著書

  • 『ブラを捨て旅に出よう』
  • 『恋する台湾移住』
  • 『思い立ったらマチュピチュ』
  • 『エガオノオト』

歩りえこ オフィシャルサイト こちら

旅した数が凄い旅作家

歩りえこさんは、世界5大陸・94カ国を旅した事があるという凄い人です。以前は、その異色の経歴とその容姿から「旅ドル(旅をするアイドル)」として紹介されることが多かった。

しかし、本人は年齢的にも旅ドルと言われることに違和感を抱いていた為、現在は旅作家と紹介されることが多い。メディアに出る仕事をスタートさせてから旅を始めたと勘違いされることが多いが現在の仕事を始める6年前に旅を始めているそうです。

大学在学中はカメラマンになる予定で写真学校に通った経験がある。とにかく旅に関することが好きで夢は世界ふしぎ発見のミステリーハンターのような旅番組レギュラーレポーターになることで、兼高かおるさんが憧れの人だという。

こんな人

清泉女子大学卒業後、これまでに訪れた国は世界94カ国で北米・ヨーロッパ・オセアニア・アジア・中近東・アフリカ・南米を約2年間一人旅して周った

世界各国で人々の笑顔を撮り続け、各国の民族衣装を着て旅することが多い。旅先でたまたま知り合った家族の家に居候したり、ノープランでハプニングのある旅が好きだそうです。

旅することは人生の生きがい。死ぬその瞬間まで旅を続けたい。美しい世界も汚れた世界も隅々まで世界を観てみたいという。

旅行でエチオピアに行った時、エチオピアで会った裸族の影響を受け、家の中ではいつも全裸で過ごしていたそうです。そのため、実家にいる時に母親から「大事な部分だけは隠しなさい。」といつも怒られていたそうです。

また、下着の締め付けが大嫌いで、外出時もブラジャーを着けずに紐パン主義という開放的な性格である。

彼氏の存在は?

歩りえこさんは、熱愛についてスクープされたわけでもなく彼氏の存在が浮上してないことから、現在は彼氏はいないようですね。しかし、歩りえこさんも結婚してもいい年なので電撃なんてありうるかもですね。

根っからの恋愛体質で常に恋していないとダメなタイプである。歩さんと旅先で目が合った男性はその瞬間から歩を守り、世話を焼くようになってしまう為、世界一周当時には「ジャパニーズメドゥーサ」と呼ばれていたそうです。

また、アラブの男性からは「ジャスミン」と呼ばれ、国境を越えてまでついてくるなど非常にしつこくされることが多いそうです。しかし、歩さん曰く、アラブ限定でモテるらしくアフリカではまるでモテないと言う。(著書談)

まとめ

今後の活動に注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク