春風亭小朝、泰葉との離婚の本当の理由 裏の顔が凄い!六人の会を結成

春風亭小朝、泰葉との離婚の本当の理由 裏の顔が凄い!六人の会を結成
出典元:春風亭小朝公式サイト

【春風亭小朝 泰葉 離婚 本当 理由 裏の顔 凄い 六人の会 結成】

春風亭小朝さんは、「豚野郎」でお馴染みの人で最近は「激痩せ」をして何かと話題の人です。そんな春風亭小朝さんにスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

春風亭小朝 プロフィール

【芸名】春風亭小朝(しゅんぷうてい こあさ)
【本名】花岡 宏行(はなおか ひろゆき)
【出身】東京都
【生年月日】1955年3月6日
【血液型】O
【学歴】東京電機大学高等学校卒
【その他】春々堂 所属

泰葉との離婚の本当の理由 裏の顔が明らかに!

春風亭小朝さんは、1987年に初代林家三平の次女でもありシンガーソングライターとして活動していた泰葉結婚しました。が、2007年に離婚しました。

泰葉さんは結婚を機に芸能界を引退します。春風亭小朝さんの妻になり、同時に事務所の社長になります。しかし「社長業と主婦業の両立が出来ない」との理由で離婚

何か腑に落ちないような感じですよね?本当の離婚の原因はあまり明るになっていませんが、噂が浮上しています。その事について書いていきたいと思います。

春風亭小朝さんは、離婚後に泰葉さんから「金髪豚野郎!」と言われていましたが、そう言われるのには理由があったという。

春風亭小朝さんは若い頃から「落語の天才」と呼ばれていて、前例が無い程のスピードで真打ちに昇進した人です。そして、出世欲が人よりも強かった春風亭小朝さんは、ある野望があったそうな。

その野望とは、海老名家が持っている「林家正蔵」「三平」という名跡が欲しさに泰葉さんと結婚することです。

春風亭小朝さんにとって、8代目林家正蔵の孫弟子で正蔵の名跡は最高の名誉だったそうです。

また、結婚する直前まで女優の岸本加世子と交際してたそうです。そして二人でいると交際がバレるからといってビートたけしさんをデート現場に呼んでマスコミ対策していたという。

それは、岸本加世子さんとビートたけしさんが交際しているように見せていたそうです。

ビートたけしさんも2人のために協力してましたが、春風亭小朝さんの結婚した相手が泰葉さんだった事に、さすがのビートたけしさんもビックリしたでしょうね。

うまくいったかと思った野望も、春風亭小朝さんにバチが当たったのか狙っていた正蔵も三平も、泰葉さんの母の海老名香葉子さんの意向で長男(こぶ平)と次男(いっ平)に決まりました。

名跡欲しさに泰葉さんと結婚した春風亭小朝さんには彼女と一緒に暮らす必要が無くなったんでしょうね。あえなく離婚

こんな事をしたら「金髪豚野郎!」と言われ、慰謝料1億5千万円払え!と言われても仕方がないのかもしれないですね。

どこまでが真実かはわかりませんが、火のないところに煙は立たないと言いますからね。そうであれば、優しそうな顔をしている春風亭小朝さんの隠された裏の顔は凄いですね。

人は顔だけで判断出来ない。ということがわかりました。泰葉さんについては幸せになってもらいたいなぁと個人的に思いましたね。

六人の会を結成

2003年、落語界の斜陽化を憂う賛同者と六人の会を結成します。

六人の会(ろくにんのかい)】とは
落語界の衰退を憂いた以下の落語家六人が、所属の流派、落語団体を超えて結成した落語家の会だそうです。

【メンバー】

  • 春風亭小朝
  • 笑福亭鶴瓶
  • 9代目林家正蔵
  • 春風亭昇太
  • 立川志の輔
  • 柳家花緑

「六人の会」メンバーは積極的に協力し、様々なメディアに取り上げられたりと、流派、所属団体の枠を超えた活動を行っているという

まとめ

実力ある春風亭小朝さんの今後の活動や結婚といったプライベートのことにも注目したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク