丸山敬太、結婚やオネエ疑惑の真相は?世界的デザイナーの素顔は


丸山敬太、結婚やオネエ疑惑の真相は?世界的デザイナーの素顔は
出典元:KEITA MARUYAMA オフィシャルサイト

【丸山敬太 結婚 オネエ 疑惑 真相 世界的 デザイナー 素顔】

日本にとどまらずパリコレなど海外でも過大評価を受け活躍しているファッションデザイナー・丸山敬太さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

丸山敬太 プロフィール・経歴

【名前】丸山敬太(まるやま けいた)
【出身】東京都
【生年月日】1965年3月4日

1987年、文化服装学院ファッション工科・アパレルデザイン科を卒業
1987年、日本のアパレル企業でキャリアをスタートさせる
1990年、独立
1992年、「ケイタ マルヤマ」トウキョウ・パリにて販売を開始
1994年、東京コレクションデビュー
1996年、毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞
1997年、パリ・コレクションデビュー
1998年、FEC デザイナー賞受賞。
1999年、「ケイタ マルヤマ」キモノコレクションを開始

現在、「KEITA MARUYAMA」ブランドのほか、ミュージシャン・俳優・舞台の衣装製作、JAL 客室乗務員・地上スタッフの制服のデザイン制作・監修など、幅広い分野で活躍している。

世界的デザイナーはこんな人

丸山さんは、小さい頃から洋服が好きだったようです。自分のお気に入りの服があったり、母親が着る服を決めてたりしていたそう。ファッションデザイナーという仕事を認識したのは、中学生の時に見たテレビのワイドショーだそうです。

漫画家・一条ゆかりさんの『デザイナー』という少女漫画を読んで、そういう影響で「こういう仕事もいいかな」と。思ったそうですよ。

これからの20年に向けて、洋服には人生が変わるくらいの力があると思う。また手軽にオシャレが楽しめる時代、ものづくりを丁寧にしていきながら洋服の大切さを拡げていきたい。という。

もっともっと自分が思う服を作りたい。と活動20周年たった今でも「まだまだ道の途中」と語っておられました。そんな丸山さんには頭が上がりませんし、仕事に対しての意欲がひしひしと伝わりますね。

結婚やオネエ疑惑の真相は?

オネエ系やゲイだとネット上で噂になっています。かなり有名で、わかりやすいゲイとも言われてます。また結婚履歴について調べても出てきませんので、オネエ疑惑が濃厚になっています

憶測なのでハッキリと断言なんて言えませんが、調べると噂は多いようです。ファッション関連にはオネエの方やゲイの方は多いようですからね。

ただ、女優さんやアイドルと交流のあるデザイナーやスタイリストの方は、オネエだと思われていたほうが仕事がやりやすいということを耳にしたことがあります。

それは、熱狂的ファンの方や報道陣は、女優やアイドルの方に浮いた噂を求めがちですからね。女優やアイドルの方と仲良くなって食事にでも行こうものなら、あっという間に、密会?熱愛?とか報道されてしまいます。

オネエだったら、そんな噂も流れないし女優やアイドルの方に迷惑がかからない。そこでオネエ口調にしてオネエやゲイのフリをしている人もいるとかいないとか

中にはそのままキャラが定着して、気持ち自体もそうなってしまう方もいらっしゃるのでしょうかね。

丸山敬太さんが、そういったカムフラージュ的なオネエなのか真実のオネエなのかはわかりません
ただ、デザインに関しては非常に多彩にわたっていることだけは真実です。

丸山敬太さんの素晴らしいデザインを一目見たい!という方も多いと思います。先日10月21日まで20周年記念の集大成となる催しを行っていたようです。 こちら

また、丸山敬太さんのオンラインショップもあるようです。ここでまず作品を拝見するのもいいですね。一度は袖を通してみたいものですね。 こちら

まとめ

抜群のセンスを持った丸山敬太さんの今後の活躍も期待しております。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク