飯田圭織、離婚どころか家庭円満 旦那の職業や子供の事 なっちとの確執


飯田圭織、離婚どころか家庭円満 旦那の職業や子供の事 なっちとの確執
出典元:株式会社アップフロントクリエイト公式サイト

【飯田圭織 離婚 家庭円満 旦那 職業 子供 なっち 確執】

元モーニング娘で一世風靡をした飯田圭織さん。初期メンバーから活躍しリーダーまで努めました。そんな飯田さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

飯田圭織 プロフィール・経歴

【芸名】飯田圭織(いいだ かおり)
【出身】北海道室蘭市
【生年月日】1981年8月8日
【身長】164
【血液型】A
【趣味】絵を描くこと 楽しいことを想像すること 健康になること
【特技】料理 イヤーアートセラピー(耳つぼ)
【その他】株式会社アップフロントクリエイト 所属

1997年、テレビ東京系「ASAYAN」内の「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」の最終候補に選ばれるが落選。ちなみに優勝は平家みちよさんでした。

同じく最終候補に選ばれた中澤裕子さん、石黒彩さん、安倍なつみさん、福田明日香さんと共に、課題曲「愛の種」を5日間で5万枚完売すればメジャーデビューできるという条件のもと、「モーニング娘」を結成する。

1998年1月28日、「モーニングコーヒー」でモーニング娘としてメジャーデビューを果たす。

以降、2004年5月23日卒業するまでモーニング娘として活躍しました。卒業してからも、モーニング娘OGとしてステージに出演。

離婚どころか家庭円満

飯田圭織さんを検索すると「離婚」と浮上してましたが、離婚せずむしろ円満だと思いますよ。

2人は、2007年7月6日につんくさんがプロデュースしたロックバンド「7HOUSE」(2002年に解散)の元ボーカル、ケンジさんとの結婚を発表、この時には既に妊娠3ヶ月だったそうです。翌7月7日に入籍しました。

2008年1月22日に待望となる男児を出産。しかし7月27日に長男が慢性腎不全のため死亡したことを発表しました。そんな悲しい・辛い出来事を乗り越えて、2013年5月14日に第2子となる男児を出産しました。

夫婦共に助け合い、辛い時・悲しい時・嬉しい時を共に過ごされたんだなぁと思いますよね。なので離婚と浮上したのがあり得ないと思いました。

旦那の職業や子供の事

飯田さんの旦那さんは、ロックバンド「7HOUSE」を引退してからは、サラリーマンや実家の家業である「質屋」の跡継ぎになっているとか宝石店で働いているなど色々な職業が浮上していました。

かくたる確証はありませんが、噂の中で一番有力とされているのが「アップフロント」という芸能事務所の会社員だという。この会社はつんくさんも関連しているそうです。

また、飯田さんのブログ記事に旦那さんの出張中や仕事納めの事が書いてあったので、この事から会社員の線がやはり有力な感じではないでしょうかね。

月日が経過し、次男が1歳になった現在は、飯田さんいわく「いたずら好きで楽しいけど困った。注意をしても笑ってる」という。成長は嬉しいけど、悩みはつきないのは何処の親御さんも一緒ですね。次男くん元気そうで成長されているようでよかったですよね。

なっちとの確執

モーニング娘のデビューが決まった時メインボーカルとして選ばれたのが飯田圭織さんでした。しかし、突然プロデューサーからメインボーカルは安倍なつみさん(なっち)と言い渡されました。

飯田さんと安倍さんは、当時一緒に暮らすほど仲が良かったそうです。

メインボーカルを外された悔しさはもちろんでしたが、それよりも悔しかったことは、飯田さんがメインボーカルを外れ、安倍なつみさんがメインボーカルでデビューしたモーニング娘。が一躍トップアイドルグループになったことだという。

2人の仲はといいますと、ギクシャクした毎日が続き、さらに飯田さんの遅刻が原因となり2人の関係は完全に険悪化、この関係は一緒に暮らしていた一年近く続くことになっていたそうです。

やがて、人気絶頂期に安倍さんはグループから卒業、飯田さんも卒業、そして、飯田圭織さんは念願のソロデビューをしました。

安倍さんがメインボーカルを歌っていたモーニング娘はシングルが165万枚売れていたのに、飯田さんがソロで新ジャンルに挑戦したシングルは1万数千枚の厳しい現実を知ることになりました。

飯田さんの心に、「私はモーニング娘。でいられて、安倍なつみさんがいたからこそ輝いていられたんだ」という後悔の気持ちが生まれたそうです。

このことについて飯田さんは安倍さんに謝罪し、2人の仲は丸く収まったようです。

安倍さんに至っては「私も、かおりんが近くにいたから当たってしまってゴメンねということがたくさんあったけど、これからも良い関係でいたい」と話していたという。

色々な出来事があったようですが今では丸くおさまりよかったですよね。

まとめ

ママさんタレントとしてまた新たに頑張っていってほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク