ギャオス内藤、嫁や息子はどんな人で現在の活動は? 人間関係やあだ名の由来


ギャオス内藤、嫁や息子はどんな人で現在の活動は? 人間関係やあだ名の由来
出典元:スカイコーポレーション公式サイト

【ギャオス内藤 嫁 息子 現在 活動 人間関係 あだ名 由来】

元プロ野球選手のギャオス内藤さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ギャオス内藤 プロフィール・経歴

【芸名】ギャオス内藤(ぎゃおす ないとう)
【本名】内藤尚行(ないとう なおゆき)
【出身】愛知県
【生年月日】1968年7月24日
【身長】187
【血液型】94
【趣味】ビールかけ
【特技】ゴルフ
【その他】スカイコーポレーション所属

昭和61年、愛知県豊川高校からドラフト3位でヤクルトに入団 ロッテ、中日と投手を続け平成9年で引退します。通産36勝29敗、26セーブ。 ご存知「ギャオス」の愛称で親しまれている

嫁や息子はどんな人

ギャオス内藤さんの家族構成は、奥さんと息子一人、娘一人だそうです。奥さんについては、ほとんど情報はありませんでしたが、新潟アルビレックスBCのギャオス内藤さんのプロフィールに好きなタイプは妻と書いてありました。

そういうことが書けるって、夫婦仲はいいのでしょうね。なかなか思っていても口に出したり書いたり出来ないものですものね。

娘さんの名前はなつ美ちゃんというみたいです。ギャオスさんのあだ名と違いかわいらしい名前ですね(笑い)

息子さんの名前は、晃大さんと言うそうです。晃大さんは、野球をしていて神奈川県の強豪、法政大学第二高校の2年生だそうです。強豪の法政大学第二高校で1年生の時からベンチ入りするなど将来を期待されている選手と言わているそうです。

父親とは違ってバッターとして活躍しているそうです。

そんな活躍する息子さんに、夏に行われた高校野球神奈川大会の試合前に、監督業で忙しくなかなか一緒にいてあげられなかった息子さんに対して激励の置手紙を書いたようです。

その内容というのが、たった1行で、「2年生だけど大切な大会だ。無の心境で思いきりいけ」と。息子さんは、普段は粋な計らいなどしない父の行動に感動。そして「絶対に打ってやる」と心に決めたそうです。

左足のすねを疲労骨折し、調子を落としていた息子さんに調子を取り戻して欲しいと願っていたのでしょうか。この一行にギャオス内藤さんの息子さんに対する愛情がみえた気がしました。

現在は?

引退後は、アール・エフ・ラジオ日本およびJ SPORTSで解説者を務める。プロ野球マスターズリーグでは名古屋80D’sers に所属していた。

2013年からは、プロ野球独立リーグ・BCリーグの「新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ」の監督を務める。登録名はギャオス内藤、背番号は現役当時に付けていたうちの1つだそう。

また、解説者活動も継続して行っていたが、2014年シーズン終了後に監督退任が発表された。

あだ名の由来

なぜ、ギャオスと呼ばれれようになったかと言うと、マウンド上で「ギャオー!」と叫ぶパフォーマンスを見せたことから、「ギャオス」の愛称がつき、引退後も芸名として使用している。

人間関係

ひょうきんで明るいギャオスさんは、多くの交友関係を持つが、中でも元プロ野球選手清原和博さんとは昔から仲がいいそうです。年下にもかかわらず「キヨ!」とあだ名呼びしているそうです。

また、1995年の春季キャンプでは、自らヒッティングマーチを歌いながら清原さんのモノマネを披露していたそうです。

その清原さん、今は色々と騒がれていましたね。今どうされているのでしょうね。

まとめ

ギャオス内藤さんという人は、とても家族思いの優しい夫・父親だったということがわかりました。また、今後の活動にも注目ですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク