マダム由美子、旦那がいて子供は?どんな人?エレガンシストとなる経歴

マダム由美子、旦那がいて子供は?どんな人?エレガンシストとなる経歴
出典元:マダム由美子のブログ

【マダム由美子 旦那 子供 どんな人 エレガンシスト 経歴】

今テレビで話題のマダム由美子さんについて、誰なのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

マダム由美子 プロフィール

【芸名】マダム由美子(まだむ ゆみこ)
【本名】非公開
【出身】北海道
【生年月日】1967年9月10日
【学歴】恵泉女学園卒

6歳からクラシックバレエ・ジャズダンス・アルゼンチンタンゴを習得する。憧れだったクラシックバレエは腰痛に悩まされ高校生の時にやめる。大学では、ジャズダンス・クラシックバレエの指導をしていた。

旦那がいて子供がいるの?どんな人?

1990年11月3日、マダム由美子さんが23歳の時に、結婚をして子供さんが一人いらっしゃるようです。また旦那さんは声楽家として活動されているようです。

バレエやジャズダンスができるマダム由美子さんと声楽家の旦那さんってお似合いのご夫婦ですね。

そんなマダム由美子さんにとって夫婦円満の秘訣が二つあるそうです。

一つ目は、夫婦でたくさんといっていいほど会話をすること。何気ない当たり前の言葉を大事にして、できる限り会話を増やそうと心がけているそうです。

二つ目は、お互いが持っている興味のある分野を応援し各々が輝きイキイキできるよう、気遣ってあげることだそうです。

このような気持ち、生き方をされていたら、内面からエレガントになっていきそうですね。

エレガンシストとなる経歴(マダム由美子の誕生)

1988年~1989年 神奈川県知事主催パビリオンで主席コンパニオンを務める。
1990年 ミス相模原グランプリに選出。市の親善大使として活躍
1991年 香水コーディネーター資格取得後、香水コーディネーターとして活動開始。
1992年~1994年 カルチャーサロンにて美容ダンスを主宰
1988年~1989年 フレグランス・スクールの東京表参道本部校 校長就任
2002年 同校退職
2003年 『マダム由美子オフィス』を設立。バレリーナスタイル教室

2003年より『マダム由美子として』「中世西洋の古き良き時代の美しさを、日常に」そして「100歳までエレガンス」を合言葉に西洋のクラシックな文化から継承される女性本来の美しさ・追求をしていく。

活動の概要
全国にバレリーナスタイルというサロンを開いてエレガンスな所作を指導する。レッスンをしたり、各地での講演、本を何冊か執筆している。
また、マダム由美子さんプロデュースのハイヒールや補正下着も販売しています。

これだけ多岐にわたり活躍されていると、収入もなんだか気になりますよね?隠す必要がなかったのかマダム由美子さん曰く、昨年の年収は2000万円と明かされていました。そんな告白いいのですかね(笑)

参加者の声
自分自身に自信が持てて行ってよかった」「心が優しく穏やかになった」「街で振り返えられるようになった」など嬉しい声が多数ありました。

参加者の皆さんに喜んでいただけるのも、マダム由美子さん自信が、日々研究をし努力されている賜物だと思われますね。

まとめ

日本人の女性が今忘れがちな「エレガント」を普及させ美しく凛とした日本女性を一人でも多く誕生させていってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク