NOKKO、病気から回復し現在は?旦那の保土田剛は有名な人 離婚説の浮上


NOKKO、病気から回復し現在は?旦那の保土田剛は有名な人 離婚説の浮上
出典元:NOKKO Official site

【NOKKO 病気 現在 旦那 保土田剛 有名 離婚説 浮上】

80年代にロックバンド「レベッカ」で大活躍した女性シンガーのNOKKOさんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

NOKKO プロフィール・経歴

【芸名】NOKKO(のっこ)
【出身】埼玉県
【生年月日】1963年11月4日
【血液型】A

84年に 「レベッカ」のボーカルとしてデビュー。翌85年にシングル『フレンズ』が大ヒット。 同年発売のアルバムがミリオンセラーに。その後『MOON』などヒット曲を連発し不動のものとなる。

そして、惜しれながらも91年に解散し00年に再結成をする。03年に新たにユニット「NOKKO&GO」を結成し現在に至る。

病気から回復し現在は?

2002年にNOKKOさんは、保土田剛(ほとだ ごう)さんと結婚しました。その後、2003年「NOKKO&GO」を結成する。2006年8月1日には第1子となる長女を出産しました。

そんな幸せな生活を送られているかと思っていたら、噂ではNOKKOさんは病気だったそうです。体調が悪く、パニック障害と鬱病を患いそのため音楽活動を休止していたようです。

詳しい原因はわかりませんが、家族やお兄さんのことでかなり悩みがあったと囁かれていたようです。

そんなNOKKOさんを旦那である保土田剛さんが支えてあげていたそうです。素敵な旦那さんですよね。

現在のNOKKOさんは
様々な難を乗り越えて、現在は都会の喧騒から離れ静岡県熱海市に在住し、育児や音楽活動に励んでおられるようです。

旦那の保土田剛は有名な人

NOKKOさんの旦那さんについて
保土田剛 プロフィール・経歴
【芸名】GOH HOTODA(ほとだ ごう)
【本名】保土田剛(ほとだ ごう)
【出身】東京都
【生年月日】1960年

1960年に東京都で生まれ、1970年から家族でアメリカに渡り幼少期をワシントンで過ごす。1979年に再びアメリカに渡り、シカゴのレコーディングスタジオでアシスタント・エンジニアとして、数多くのジャズやブルースのレコーディングを経験する。

1980年、数多くのハウス・ミュージックのミックスを手がける。91年には世界的有名な「マドンナ」と出会い、 シングル『VOGUE』などを手掛け、アルバム『エロティカ』で日本人エンジニアで 初のグラミー賞を獲得

また、宇多田ヒカルさんのアルバム『First Love』を手掛けています。こうして確固たる地位を確立していきます。その後は、NOKKOさんと結婚し03年に夫婦で「NOKKO&GO」を結成しアルバム『宇宙のコモリウタ』を発表しました。

現在も順調にお仕事をされているようです。

離婚説の浮上

旦那さんである保土田さんとこんなにも仲がいいのになぜ離婚説が浮上したのでしょうか?
実は、NOKKOさんは保土田さんとは再婚であり、元レベッカの初代リーダーの木暮武彦(シャケ)さんと結婚していて離婚していた経験があります。そのような経歴から離婚説が浮上したと思われます。

まとめ

夫婦円満で公私共に順調そうで何よりだと思います。今後の活動に注目していきたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク